• ホーム
  • スポーツ
  • 日本代表ハリルホジッチ監督「クラシコは現代サッカーのお手本」

日本代表ハリルホジッチ監督「クラシコは現代サッカーのお手本」

 世界最高峰のサッカーリーグ、 スペインサッカー リーガ・エスパニョーラの2強、バルセロナとレアル・マドリードが直接対決する試合は、「伝統の一戦」を意味する「エル・クラシコ」と呼ばれる。その一戦が現地時間21日に行われ、WOWOWで21日深夜2時より生中継される。スタジオ解説を務めるのは、日本代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチ氏。クラシコに先立って行われた公開収録に出演したハリルホジッチ氏は、「クラシコは日本選手やサッカー関係者に絶対見てほしい試合。 現代サッカーのお手本であり、 最高の試合と言っていいと思います」と熱弁していた。

【写真】その他の写真を見る


 公開収録では、同局の専属解説者・宮本恒靖氏(元日本代表主将)との初対談が実現。クラシコに対する心からの敬意、日本サッカーの未来について、熱いトークが繰り広げられた。

 日本の印象についてハリルホジッチ氏は「あっという間でした。ずっと働いていて、ほとんどの時間を協会で過ごしているので、楽しむ時間がまだないのが残念です。和食も大好きで、食材は本当においしいですね」と、日本文化へ寄り添う姿勢を見せた。

 そして、日本サッカーのレベルをあげるために、ハリルホジッチ氏は“デュエル”が必要だと語る。「ジャーナリストから“デュエル”とは何か聞かれましたが、意味はいろいろある。感覚としては、1対1、球際の強さ、競り合い、といった言葉が近い。そのデュエルに勝てないと、サッカーは勝てない。積極的にボールを奪いに行く姿勢が足りなかったり、ディフェンスラインが下がりすぎるのは、日本の改善点だと思います」と説明した。

 対して、スペインサッカーは「テクニックやパスワークは素晴らしい。クラシコは日本選手やサッカー関係者に絶対見てほしい試合。現代サッカーのお手本であり、 最高の試合と言っていいと思います」と絶賛する。

 今回の見どころについて「バルセロナは30年前からフォーメーションは4-3-3で、メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールがポジションチェンジをするのがこのチームの魅力。一方のレアルはホームでこの試合を落とせば優勝が難しくなる、キーになる試合。正直なところバルサが有利だと思うが、(レアルの)ベニテス監督も勝ちに来るだろうから、ギャレス・ベイルの縦のスピードを使ってカウンターで戦うかもしれない」と語り、結果を1-1の同点と予想した。

 「サッカーが大好きなので、何時間でも話せますね」とハリルホジッチ氏。「クラシコは雰囲気も素晴らしいし、クリスティアーノ・ロナウドとメッシは世界最高の選手です。スポーツの枠をはるかに超える対戦であり、スペインの政治的なコンテクスト、経済的効果も出る。両チームのライバル関係やすべてを含めて、見るべき試合です」と激推ししていた。

 ハリルホジッチ氏と宮本氏の初対談の模様は、21日午後2時30分よりWOWOWプライムで無料放送される。“伝統の一戦クラシコ”は21日深夜2時よりWOWOWライブで独占生中継。



関連写真

  • サッカー日本代表のハリルホジッチ監督。スペインサッカー リーガ・エスパニョーラの伝統の一戦クラシコの魅力を語る(C)WOWOW
  • 「サッカーが大好きなので、何時間でも話せますね」とハリルホジッチ氏(C)WOWOW
  • 『キックオフ直前!宮本恒靖vs.ハリルホジッチ クラシコ対談』元日本代表キャプテン宮本恒靖の対談シリーズ。 今回の相手はハリルホジッチ氏。11月21日午後2時30分、WOWOWプライムで無料放送
  • 『キックオフ直前!宮本恒靖vs.ハリルホジッチ クラシコ対談』元日本代表キャプテン宮本恒靖の対談シリーズ。 今回の相手はハリルホジッチ氏。11月21日午後2時30分、WOWOWプライムで無料放送

オリコントピックス