• ホーム
  • 芸能
  • 『機動戦士ガンダム サンダーボルト』アニメ化 シリーズ初のEST配信決定

『機動戦士ガンダム サンダーボルト』アニメ化 シリーズ初のEST配信決定

 『機動戦士ガンダム』シリーズの最新作となるオリジナルアニメーション『機動戦士ガンダム サンダーボルト』が12月25日正午より有料配信される。ガンダムシリーズ初の試みとして、視聴期限のないEST(Electronic Sell Through)版を用意。従来の視聴制限のあるレンタル型TVOD(Transactional Video on Demand)と同時展開することで、これまで以上にさまざまな環境・場所のユーザーニーズに応える。

【写真】その他の写真を見る


 全4話構成となる本作は、『ビッグコミックスペリオール』(小学館)で連載中の太田垣康男氏による漫画が原作。宇宙世紀0079、地球連邦とジオン公国が戦った一年戦争の末期、ジオン軍の攻撃により破壊されたサイド4のスペースコロニー群、ムーアの市民の生き残りで構成された地球連邦軍所属部隊「ムーア同胞団」は、故郷の奪還を悲願とし、ジオン軍をせん滅せんとしていた。一年戦争の歴史に新たなる1ページが刻まれる。

 アニメ化は『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』を手がけたサンライズ第1スタジオが担当した。監督は松尾衡氏(『革命機ヴァルヴレイヴ』監督、『機動戦士ガンダムUC』コンテ)、キャラクターデザインに高谷浩利氏(『機動戦士ガンダムUC』メカ作画監督)、メカニカルデザインに仲盛文氏と中谷誠一氏(ともに『機動戦士ガンダムUC』メカ作画監督)、カトキハジメ氏(『機動戦士ガンダムUC』メカニカルデザイン)。音楽はジャズミュージシャンの菊地成孔が手がけている。

 第1話(約18分)の価格は、EST版が500円で、本編に加えて特典映像『一年戦争に挑んだ者たち〜Documentary of Thunderbolt〜 ♯1』(約10分)も視聴できる。TVOD版は250円。スマホアプリ「ガンダムファンクラブ」(月額600円)では12月11日正午より最速の先行配信を実施、その他の配信サービスでは同25日からの配信となる。有料配信を行うサービスは、後日公式ホームページで発表される。

■キャスト
イオ・フレミング…中村悠一
ダリル・ローレンツ…木村良平
クローディア・ペール…行成とあ
カーラ・ミッチャム…大原さやか
コーネリアス・カカ…平川大輔
グラハム…咲野俊介
バロウズ…佐々木睦
J・J・セクストン…土田大

■公式サイト
http://gundam-tb.net/



関連写真

  • アニメシリーズ最新作『機動戦士ガンダム サンダーボルト』は配信サービスで(C) 創通・サンライズ
  • ガンプラ『機動戦士ガンダム サンダーボルト』シリーズ。写真は、発売中のHG 1/144 フルアーマー・ガンダム(ガンダムサンダーボルト版)(C) 創通・サンライズ
  • 場面カットを先行公開(5点)(C) 創通・サンライズ
  • アニメシリーズ最新作『機動戦士ガンダム サンダーボルト』12月25日より有料配信開始(C) 創通・サンライズ
  • アニメシリーズ最新作『機動戦士ガンダム サンダーボルト』12月25日より有料配信開始(C) 創通・サンライズ
  • アニメシリーズ最新作『機動戦士ガンダム サンダーボルト』12月25日より有料配信開始(C) 創通・サンライズ
  • アニメシリーズ最新作『機動戦士ガンダム サンダーボルト』12月25日より有料配信開始(C) 創通・サンライズ

オリコントピックス