• ホーム
  • 芸能
  • 『ビリー・エリオット』日本公演がついに決定 主演ビリー役オーディション開催へ

『ビリー・エリオット』日本公演がついに決定 主演ビリー役オーディション開催へ

 世界1000万人以上の観客が賞賛し、演劇界のアカデミー賞である『トニー賞』10部門受賞ほか、世界で80以上の演劇賞を受賞したミュージカル『ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜』(主催:TBS/ホリプロ/梅田芸術劇場)が、日本人キャストで上演することが決定した。日本公演では延べ17万人を動員する大規模公演を予定しており、さらには、Kバレエスクールはじめ、日本国内一流コーチ陣のもと約1年間に及ぶトレーニングを経て主人公・ビリー役が決定するという大規模オーディション開催も発表された。

【写真】その他の写真を見る


 本作は、名作映画『ビリー・エリオット』(邦題リトル・ダンサー)を、アカデミー賞ノミネート監督であるスティーブン・ダルドリーが映画に続いて演出し、音楽界の伝説、エルトン・ジョンが音楽を手掛けミュージカル化した作品。2005年5月にロンドンで幕を開け、今なおウェスト・エンドにてロングラン公演が続き、2006年にはオリヴィエ賞4部門受賞、2009年には演劇界のアカデミー賞である『トニー賞』で10部門を受賞など、全世界で80以上の主要演劇賞を獲得している。

 ブロードウェイはじめ、5大陸でも上演。物語は、ダンスに魅せられ炭鉱の町で夢に向かってひた向きに突き進む少年ビリーと、そんな彼を取り巻く家族の愛情や周りの人々の姿を描く。今回、海外からクリエイティブチームを迎え創り上げる日本版公演では、2016年春に主演のビリー役ほか、出演キャストのオーディションを開催する。

 さらに、クラシックバレエ、タップダンス、アクロバット、歌など、日本国内一流のコーチ陣のもと、約1年間のトレーニング及びオーディションを経て主演のビリー役が決定するという、ほかに類を見ない長期プロジェクトを実施。そして、クラシックバレエは英国ロイヤルバレエ団でプリンシパルとして活躍し、現在はKバレエカンパニーの芸術監督を務める熊川哲也氏が後進育成のために主宰するKバレエスクールの協力が決定した。

 応募資格は、声変わりをしていない8歳〜13歳くらいの男子でプロ、アマ問わず。身長は147センチ以下で、11歳の少年を演じられる人を募集する。ビリー役候補者は、第一回来日オーディション以降、個々のレベルに合せたプログラムを組み一流のコーチ陣の元、夏休み期間含め、バレエ、タップ、アクロバット、歌など最低4ヶ月のトレーニングを開始する(無料)。

 東京公演は、赤坂ACTシアターで2017年7月中旬から10月上旬、大阪公演は、梅田芸術劇場メインホールで2017年10月上旬から11月初旬を予定している。

■オーディション概要
ビリー役
応募資格 年齢:8歳〜13歳くらいの男子(プロ・アマ問わず)
※11歳の少年を演じられる方
身長:147センチ以下
声:声変わりをしていない方
※バレエ、タップ、アクロバット、歌などができればなお良し

■オーディションスケジュール
2016年4月上旬〜中旬:第一回来日オーディション
8月中旬〜下旬:第二回来日オーディション
12月上旬〜中旬:第三回来日オーディション(キャスト決定予定)

詳細情報は公式サイト www.BillyJapan.com



関連写真

  • ミュージカル『ビリー・エリオット』の日本公演がついに決定(C)Pictures from the London cast of Billy Elliot the Musical
  • 『ビリー・エリオット』の主演ビリー役を決める大規模オーディション開催が発表された(C)Pictures from the London cast of Billy Elliot the Musical
  • ミュージカル『ビリー・エリオット』の日本公演がついに決定(C)Pictures from the London cast of Billy Elliot the Musical

オリコントピックス