こじるり、東京五輪の目標は控えめ「感じ悪いから…」

 タレントの小島瑠璃子が4日、都内で行われたアサヒビール『東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 開催日数カウントダウン点灯式』に出席。東京五輪を迎える1724日後の自分について小島は「開会式のチケットを持っていたい」と低姿勢な目標を発表。同席した水泳男子・瀬戸大也選手から「チケットでいいんですか?」とツッコまれると「仕事で関わるって言ったら感じ悪いから…。控えめにしてみました」と茶目っ気たっぷりに応じた。

【写真】その他の写真を見る


 イベントでは、世界水泳男子400メートル個人メドレー金メダリストの瀬戸選手、ロンドン五輪400メートル個人メドレー銅メダリスト萩野公介選手と小島が、東京・浅草のアサヒビールグループ本社に隣接するスーパードライホールの壁面に東京五輪開催までの日数をレーザーで投射するデイカウンターを点灯させた。

 水泳界ではライバルとなる二人だが、萩野選手は「自分たちの学年の競泳では強い選手がそろっているので、メドレーリレーで金メダルを獲ろうという約束をかなえるために頑張っていきたい」と熱い絆をみせ、瀬戸選手も「公介とリレーを組んだら最強だと思う。お互いに自分たちが納得できるパフォーマンスができたら」と意気込んだ。

 さらにこの日発売となった東京2020オリンピック・パラリンピック限定記念館第一弾を試飲。「エブリデイビール」というほどビールが大好きだという小島は「記者の方、すいません! お先にきょうの一杯いただきます」とご満悦だった。



関連写真

  • アサヒビール『東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 開催日数カウントダウン点灯式』に出席した小島瑠璃子 (C)ORICON NewS inc.
  • 点灯式の模様(C)ORICON NewS inc.
  • 萩野公介選手 (C)ORICON NewS inc.
  • アサヒビール『東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 開催日数カウントダウン点灯式』に出席した瀬戸大也選手 (C)ORICON NewS inc.
  • アサヒビール『東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 開催日数カウントダウン点灯式』に出席した小島瑠璃子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス