• ホーム
  • 芸能
  • ナイナイ岡村ANN、初ファンイベントで8000人熱狂

ナイナイ岡村ANN、初ファンイベントで8000人熱狂

 お笑いコンビ・ナインティナイン岡村隆史が1日、横浜アリーナで初ファンイベント『「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」1周年記念 岡村隆史のオールナイトニッポン歌謡祭 in 横浜アリーナ』を開催した。

 岡村が単独パーソナリティーを務めるニッポン放送『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木曜 深1:00)の1周年を記念して開催。ファンイベントの開催は20年半に及んだ長寿番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』時代を合わせても“初”の試みとなったが、横浜アリーナの大会場には、8000人のヘビーリスナーが集結した。

 バルーンの中からド派手に登場した岡村が、反町隆史の「POISON〜言いたいことも言えないこんな世の中じゃ〜」を熱唱して幕開け。その後も番組にゆかりのあるアーティストが次々登場。DJ KOOと、DJ TAKASHIのDJプレイで対決。レギュラーコーナー『DJ TAKASHIのスクラッチクイズ』のSP版では、高須クリニックの高須克弥氏がサプライズ登場し、豪華プレゼントの大盤振る舞いで会場を沸かせた。

 そのほか、森脇健児、May J.、岡村の高校時代の同級生・クリノさん、友川カズキがそれぞれ熱唱。岡村が『吉川晃司メドレー』を歌っている最中には、犬猿の仲である出川哲朗が乱入し、一気に笑いのムードに包んだ。

 終盤には、知念里奈が登場し、番組アンセムともいえるデビュー曲「DO−DO FOR ME」のイントロが流れると、会場のボルテージは最高潮に。本物の大型音楽フェスのような空気感のまま、ラストを飾ったのは番組が節目を迎えた時にだけオンエアされるホブルディーズの「月夜の星空」を生演奏。番組初の歌謡祭イベントは、大興奮のうちに幕を閉じた。

 このイベントの模様の一部は、5日放送の同番組で流される。



オリコントピックス