演劇界の新星・藤田貴大、新雑誌『This!』が密着取材

 演劇団体「マームとジプシー」を設立し、26歳で第56回岸田國士戯曲賞を受賞した脚本家であり演出家の藤田貴大(ふじたたかひろ・30)氏が、11月13日に刊行される20代女性向けカジュアルファッションマガジン『This!(ディス)』(小学館)第1号に登場することが28日、わかった。

 藤田氏は自身が全作品の脚本・演出を務める劇団「マームとジプシー」を2007年に設立し、11年に『かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと、しおふる世界。』で第56回岸田國士戯曲賞を受賞。新進気鋭のホープとして期待され、演劇界の2大巨匠・蜷川幸雄氏と野田秀樹氏からも認められる存在となっている。

 同誌では、そんな藤田氏に密着取材を敢行。太平洋戦争の沖縄戦に動員された少女達をモチーフにした作品『cocoon』のリサーチに訪れた沖縄での模様や、同時期に沖縄で開催された小中学校でのワークショップの様子などを独占報告する。

 また、「マームとジプシー」公演の常連客であり、日本を代表する歌人・穂村弘氏が藤田氏の素顔に迫るロングインタビューを掲載。テーマは「こどものまま、大人になる方法」。気心の知れた穂村を前に、『This!』創刊号の特集テーマである“進路”にちなみ、知られざるプライベートな過去までを赤裸々に語るなど、必読の内容となっている。

 同誌は、ジャンルは異なるものの世間的に大ヒットした雑誌・作品を担当した同社の女性編集者3人が、20代女性が本当に読みたいものを突き詰め、それぞれ得意分野のコンテンツを持ち寄って編集。「これさえ読めば、大人になるのは怖くない!」をテーマに、雑誌を読んで感じるワクワクする気持ちを、今まさに大人への扉の前で立ちすくむ女性たちに届けていく。

 そのほか、気になる本誌の詳細な内容は、発売に向けて徐々に明らかになっていく。

『This!』公式サイト PC版
http://www.shogakukan.co.jp/pr/this/
スマホ版
http://www.shogakukan.co.jp/pr/this/sp/



タグ

オリコントピックス