• ホーム
  • 芸能
  • “動く黒板アート”で平祐奈を描く〜2623時間&計6000枚以上の大作に

“動く黒板アート”で平祐奈を描く〜2623時間&計6000枚以上の大作に

 女優・平愛梨の実妹である注目の若手女優・平祐奈が、バランス栄養食『カロリーメイト』の新CMに出演することが22日、わかった。同CMで平は等身大の女子高生を演じ、受験までの1年間の奮闘や甘酸っぱい思い出を、“動く黒板アート”で表現。黒板アートは現役の美大生34人が、のべ2623時間以上をかけて制作した大作。撮影を終えた平も「1年間の四季も絵で表現されています。 すごく素敵な景色が表現されていて感動しました」と振り返っている。

 新CM『見せてやれ、底力。』篇は、平祐奈さん演じる受験直前の女子高生が、受験までの1年間の奮闘ぶりや様々な学生生活での出来事を、“黒板アート”で振り返るストーリー。黒板アートは、話題の黒板アーティスト・れなれなをはじめ、総勢34人の美大生たちがのべ2623時間以上もの時間をかけ、計6328枚の黒板に描いたアニメーションとなっている。BGMには、Anlyによる岡村孝子に名曲「夢をあきらめないで」のカバーが使用され、受験生の背中を後押しする。

 撮影は、都内の大学で実際の試験会場として使用される講堂で撮影。総勢250人の現役高校生エキストラが参加する中、本物の受験会場の様な雰囲気に。その雰囲気に緊張したという平だったが、本番の声が掛かるや表情も一変、本物の受験生のような真剣なまなざしをカメラに向けていた。

 自身をモデルとした今回の黒板アートに平も驚きを隠せない様子で、「画が繊細でビックリしました!自分が黒板に描くのは小学校の時に学校で描いた落書きくらいでした。だから、その創造力は私には想像のつかないものなので、本当に素晴しくありがたいなと思いました」と振り返る。

 なお、今作のために描かれた黒板アート6枚が、実際に屋外広告として11月9日〜15日まで東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナードにて掲出。平祐奈が出演する『カロリーメイト』の新CM「見せてやれ、底力。」篇は、10月24日より全国オンエア。



オリコントピックス