• ホーム
  • 芸能
  • 明石家さんま、芸能界の“爆弾ニュース”まだある?「気が休まる時はない」

明石家さんま、芸能界の“爆弾ニュース”まだある?「気が休まる時はない」

 お笑い芸人の明石家さんまが30日、パーソナリティーを務めるMBSラジオ『ヤングタウン土曜日』(毎週土曜 後10:00)に出演し、芸能界にさらなる“爆弾”があることをにおわせた。

 自身と関係の深いSMAPやフジテレビの加藤綾子アナウンサーなどが芸能ニュースの話題になっていることから「1月はいろんなことが芸能界にありすぎて」と切り出したさんまは、「これだけ人のことで張られるという…ねえ。行動が狭まるというかね」と、記者に張り込まれていることを明かした。

 自分の話題ではないため「こんな記事で来んなっちゅう話ですよ」と冗談めかしつつ、共演の村上ショージから「気が楽になったんちゃいますか。黙っておかなあかんとかなくなって」と振られると、「いや、それは気が休まる時はないね。いろいろあるね」と、さらなる芸能ニュースの爆弾があることを示唆。村上が追求すると「そら当たり前やないか。しゃべられへんわ」とかわしていた。



オリコントピックス