• ホーム
  • 音楽
  • KANA-BOON&シナリオアート、『すべてがFになる』先行上映会でライブ

KANA-BOON&シナリオアート、『すべてがFになる』先行上映会でライブ

 10月8日よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかでスタートするテレビアニメ『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』の先行上映会『すべてがFesになる』が9月30日、東京・台場のZepp Tokyoで開催された。

 1&2話の上映前にはキャストによるトークショーが行われ、それだけならよくあるアニメイベントと変わらないが、今回はオープニングテーマを担当するKANA-BOONと、エンディングテーマを担当するシナリオアートがたっぷり4曲ずつ演奏するスペシャルライブもあり、「Fes(フェス)」と呼ぶにふさわしい盛り上がりを見せた。

 同アニメは、「理系ミステリー」という新ジャンルを打ち立てた森博嗣氏のデビュー作で、昨年、綾野剛&武井咲のW主演で連続ドラマ化もされた同名小説に、天才プログラマー・真賀田四季のおいたちをつづった「四季シリーズ」の内容を織り交ぜたオリジナルストーリーで構成される。

 イベントのオープニングを飾ったのはスリーピースバンドのシナリオアート。「スペイシー」「アオイコドク」「ホワイトレインコートマン」、初めてアニメのテーマ曲に採用された書き下ろし曲「ナナヒツジ」を演奏した。

 キャストトークのコーナーには、メインキャラクターの犀川創平役の声優・加瀬康之、西之園萌絵役の種崎敦美、真賀田四季役の木戸衣吹が出演。難解で長く膨大なせりふ量に3人とも苦労しているよう。

 今作では先に録音した音声に合わせてアニメーションを作っていくプレスコを採用しており、種崎は「自然な流れでお芝居ができる」、加瀬も「自由にやらせてもらっている」と手応えを語っていた。現役高校生の木戸は学校帰り、制服のまま収録スタジオに通っているといい、種崎が「よく何かを食べているよね。この前は味噌ラーメンを食べていた(笑)」と育ち盛りらしいエピソードを明かすと、木戸は「お腹が鳴ってNGを出さないように、お菓子とかを食べながらやっています」と屈託なく話していた。

 上映を挟んで、ラストは4人組ロックバンド・KANA-BOONがステージに上がり、「タイムアウト」「なんでもねだり」、オープニング曲に採用された「talking」、「フルドライブ」を披露し、会場を一つにした。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • Zepp Tokyoで開催されたLive&先行上映会『すべてがFesになる』出演者が勢ぞろい(左から)シナリオアート、木戸衣吹、加瀬康之、種崎敦美、KANA-BOON
  • 10月8日スタートのアニメ『すべてがFになる』OP曲を担当するKANA-BOON(左側の4人)とED曲を担当するシナリオアート(右側3人)
  • フジテレビ“ノイタミナ”ほかで10月8日スタート、アニメ『すべてがFになる』(C)森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会

オリコントピックス