• ホーム
  • 芸能
  • 山岸舞彩、『NEWS ZERO』卒業 「今後は一人の視聴者として応援したい」

山岸舞彩、『NEWS ZERO』卒業 「今後は一人の視聴者として応援したい」

 フリーアナウンサーの山岸舞彩が10月1日、キャスターを務める日本テレビ系『NEWS ZERO』(月〜木 後11:00、金 11:30)に生出演。結婚を機にこの日を持って同番組を卒業する山岸は、「今後は一人の視聴者として『NEWS ZERO』を応援していきたい」と語り、視聴者やスタッフに感謝した。

 同番組のサイト内では、放送後にキャスターによる舞台裏を語ったトーク動画が配信されており、前日の9月30日放送後には「2年半ありがとう!山岸キャスター」と題した動画を配信。山岸はキャスターを務めた2年半の期間を「自分のためになったことが多かった」と振り返り、「これからは一視聴者として、いろんなことを考えながらニュースを見られるようになるのかな」と心境を語った。

 村尾信尚キャスターは山岸のしゃべり方に「安定感があった」と評価し、発音やイントネーションを教えてもらったことを感謝。「山岸さんの末永き幸せを祈ります」とエールを送り、ラルフ鈴木アナウンサーも「見ていただいて、奥様目線で気になるところがあれば、教えてください」と“ZEROファミリー”の絆を感じさせた。

 山岸は2006年『東レ水着キャンペーンガール』に選出。11年4月から13年3月までNHK『サタデースポーツ』『サンデースポーツ』のメインキャスターを務め、12年夏のロンドン五輪で現地キャスターを担当。13年4月から『NEWS ZERO』のキャスターに就任したが、今年7月に一般男性との結婚、それにともない同番組の降板と芸能界引退することを発表していた。

 山岸の後任として、これまで同番組の金曜日を担当していた同局の久野静香アナウンサーが月曜から木曜を担当する。



オリコントピックス