• ホーム
  • 芸能
  • 風間トオル、マーク・パンサーら歴代“メンノンOB”が揃い踏み

風間トオル、マーク・パンサーら歴代“メンノンOB”が揃い踏み

 俳優の風間トオル、写真家の桐島ローランド、歌手のマーク・パンサー、モデルのリヒトが29日、都内で開催された「TOYOTA MARK X」とファッション雑誌『MEN’S NON-NO』のコラボレーションによる『大人たちのメンズノンノ』の特別創刊発表会に登壇した。メンノンOBである3人は、約30年前の創刊当時の秘話や今後の同誌が目指す新しいスタイルなどのトークを展開。会場では同企画に出演する谷原章介のビデオレターも上映され、『MEN’S NON-NO』創刊以来の新旧の大人気モデルが一堂に介した、一日限りの豪華なイベントとなった。

【写真】その他の写真を見る


 同企画は “大人”になった男性たちを応援する一冊として創刊。創刊号を手に取った風間は、「懐かしい。当時の人たちや時代で流行っていたモノなどが出ていて、今でも欲しいと思う。大人が楽しめるメンノンになっていると思いました」と、当時読者だった今の大人に向けであることを説明。マーク・パンサーの大ファンだったというリヒトは、「高校生の時、愛読者でした。だから初めて自分が出ると決まった時は、本当にうれしくて。今日は20年の時を経てお会いできた。ずっとファンでした」と告白。マークも「じゃあ、遊びに行こう!」と感激の様子。また、コラボレーション企画として、実際に「TOYOTA MARK X」に試乗した桐島は、「僕が乗ったクルマはレーシング仕様で、ちょいワルおやじ風で楽しめました。幅広い世代、さまざまなTPOに向いたクルマだと思いました。仕事でもファミリーでもオールマイティーなクルマです」と絶賛した。

 また、『MEN’S NON-NO』の日高編集長は、「1989年の創刊当初は、風間さんと阿部寛さんの二枚看板。デビュー当時の風間さんは元祖しょうゆ顔として大人気で、撮影では海でジャンプしたりリンゴをかじったり、いろいろなことをしていただきました(笑)」と述懐し笑いを誘った。

 今回の「大人たちのメンズノンノ」では、公式サイトも同時にオープン。ユーザー自身が自分の写真を登録すれば表紙のモデルになるというカスタマイズ機能もついており、実際に試したというマークは、「いろいろな色や服が選べて、自分好みのメンノンになる。スマホでも操作できるので楽しかったです」と感想を語った。

 その後の取材では、かっこいい大人にしてメンノン世代の福山雅治、吹石一恵の結婚報道についての質問も飛び、桐島は「いや、ショックです。ファンなので(笑)。フェイスブックのタイムラインは、女性たちのショックでいっぱいでした(笑)」と桐島風のジョークで笑いを誘い、マークは「素敵なことだと思います。ずっとお幸せに、最高の毎日を過ごしてほしい」と門出を祝福。風間も「おめでとうございます。話を聞いただけで幸せな気分になりますよね」とビッグカップルの誕生について、それぞれが祝福していた。

同誌は、本日29日より、全国の有力書店などで限定発売。



関連写真

  • 『“大人たちのメンズノンノ”特別創刊発表会 Presented by MARK X』に出席した(左から)リヒト、マーク・パンサー、桐島ローランド、風間トオル
  • 『“大人たちのメンズノンノ”特別創刊発表会 Presented by MARK X』に出席した(左から)リヒト、マーク・パンサー、桐島ローランド、風間トオル
  • 『“大人たちのメンズノンノ”特別創刊発表会 Presented by MARK X』に出席した風間トオル
  • 『“大人たちのメンズノンノ”特別創刊発表会 Presented by MARK X』に出席した桐島ローランド
  • 『“大人たちのメンズノンノ”特別創刊発表会 Presented by MARK X』に出席したマーク・パンサー
  • 『“大人たちのメンズノンノ”特別創刊発表会 Presented by MARK X』に出席したリヒト
  • 『“大人たちのメンズノンノ”特別創刊発表会 Presented by MARK X』に出席した(左から)リヒト、マーク・パンサー、桐島ローランド、風間トオル
  • 『“大人たちのメンズノンノ”特別創刊発表会 Presented by MARK X』に出席した(左から)リヒト、マーク・パンサー、桐島ローランド、風間トオル、特別編集長・日高麻子氏

オリコントピックス