• ホーム
  • 音楽
  • ウルフルズ&大原櫻子、23年ぶり映画化『ちびまる子ちゃん』で歌う

ウルフルズ&大原櫻子、23年ぶり映画化『ちびまる子ちゃん』で歌う

 フジテレビ系人気アニメ『ちびまる子ちゃん』の放送25周年を記念し、23年ぶりに映画化される『映画ちびまる子ちゃん』(12月23日公開)に、原作者・さくらももこ氏から熱烈にオファーされたウルフルズ大原櫻子が参加することがわかった。ウルフルズはエンディング曲「おーい!!」、大原は挿入歌「キミを忘れないよ」を歌う。

 23年ぶりとなる劇場版は、外国の子どもたちが静岡・清水にやって来て、まる子の家にもイタリア人の少年・アンドレアがホームステイをすることに。まる子はアンドレアやクラスメイトと一緒に町を飛び出し、生まれて初めての大阪・京都旅行に出かける。

 ウルフルズが担当するエンディング曲「おーい!!」は、原作者のさくらももこ氏が作詞、ボーカルのトータス松本が作曲。さくら氏は「今回の映画のエンディングは、男子の元気いっぱいで純粋な切なさのある曲というのがイメージでした。これはもう、ウルフルズしかありえない」として打診した。

 さくら氏が手がけた詞を「何度も何度も読んで」作曲したというトータスは「さくら先生の歌詞から元気の出る楽しい曲にしたいという想いが伝わってきたので、その想いに引っ張ってもらって曲が完成しました」とコメントした。

 物語の重要なシーンで流れる挿入歌は大原が担当。さくら氏が作詞、音楽プロデューサーの亀田誠治氏が作曲を手がけた「キミを忘れないよ」は、大原としては初のラブバラードとなった。

 さくら氏が「櫻子ちゃんはちょっとまる子に似ているなぁと思っていた」といえば、大原も「小学生の頃もずっとまるちゃんと同じボブヘアーだったので、勝手に親近感を抱いていました」と相思相愛。さくら氏は「何度聴いても涙が出てしまうようなすばらしい作品になりました。櫻子ちゃんの歌声が胸にしみます。少し切なく、寂しさも感じる胸キュンな歌になっています」と力を込めた。

 オープニングを彩るのは、テレビアニメの初回放送から愛され続けている名曲「おどるポンポコリン」。25周年記念映画スペシャルバージョンとして亀田氏がアレンジを加え、大原櫻子が歌い、トータス松本がコーラスで参加する。

■さくらももこ氏コメント
▽ウルフルズ参加について
「今回の映画のエンディングには、男子の元気いっぱいで純粋な切なさのある曲というのがイメージでした。これはもう、ウルフルズしかあり得ないと思い、お願いしました。出き上がってきた歌のピッタリだったこと!! これぞ求めていた曲、これぞウルフルズ、そう思って大感激しました」

▽大原櫻子参加について
「櫻子ちゃんはちょっとまる子に似ているなぁと思っていたので、まる子の映画の挿入歌を歌っていただけて本当にうれしかったです。この歌は、淡い恋の思い出を呼び起こすような切なくノスタルジックな曲ですが、作曲の亀田さんがイメージをとてもわかってくださり、何度聴いても涙が出てしまうようなすばらしい作品になりました。櫻子ちゃんの歌声が胸にしみます。皆さん、ぜひ聴いてください!!」

■ウルフルズコメント
「観たことがない人がいないくらいの国民的アニメなので、エンディングテーマを担当させていただき、光栄です。いつもは自分たちで歌詞を作って歌っているので、最初はどうなるのかと思いましたが、いただいた歌詞を何度も何度も読んで、自分の中に入れ込んでいく作業はとても面白く、楽しかったです。さくら先生の歌詞から元気の出る楽しい曲にしたいという想いが伝わってきたので、その想いに引っ張ってもらって曲が完成しました。映画の台本も読みましたが、楽しく、キュンとする良いお話でした。『ちびまる子ちゃん』はいつも感情移入せずにはいられない、自分の甘酸っぱい過去を思い出すようなストーリーなので、映画の完成もとても楽しみです」

■大原櫻子コメント
「さくら先生からお話をいただいて、すごくびっくりしました。小さい頃からずっと観ていた、日本を代表するアニメの挿入歌を歌わせていただけることは本当に光栄です。私がまるちゃんと同じ小学3年生の頃は、よくしゃべる子どもだったので、父親から“うるさくらこ”と呼ばれていました(笑)。小学生の頃もずっとまるちゃんと同じボブヘアーだったので、まるちゃんには勝手に親近感を抱いていました。今回の挿入歌『キミを忘れないよ』は、初のラブバラードで、少し切なく、寂しさも感じる胸キュンな歌になっています。ピュアでちびまる子ちゃんらしい、私自身も初恋を思い出すような、誰もが共感できる歌詞です。私も完成した映画を見るのが楽しみで、みなさんと一緒に映画を楽しめたら、と思っています。『映画ちびまる子ちゃん』楽しみにしていてください!」



オリコントピックス