• ホーム
  • 芸能
  • おかずクラブ、初レギュラーに興奮 「モテたい!」と意気込み

おかずクラブ、初レギュラーに興奮 「モテたい!」と意気込み

 パンサー、ジャングルポケット、ジューシーズのトリオ芸人3組によるテレビ朝日の実験的バラエティー『333(トリオさん)』が26日深夜の放送をもって終了。10月3日深夜から出演者を一新し、番組名も『チェンジ3(さん)』(毎週土曜 深2:45〜3:15※関東ローカル)にリニューアルされることになった。

 2010年10月にスタートし、深夜ながら多くの話題を呼んできた『333』。後継番組には、おかずクラブ、鬼越トマホーク、ザ☆忍者の3組のコンビを大抜てき。おかずクラブにとっては、初のレギュラー番組となる。

 番組は、『333』から継続して出演する同局の大西洋平アナウンサーとの“面談”からスタート。最近では珍しくなった“芸人が体を張る番組”で新たなる挑戦を繰り広げる。『333』同様、『チェンジ3』も台本なし。毎回何が起こるかわからないまま芸人たちは収録に臨むことになる。

 おかずクラブのゆいPは「最初はドッキリかと思いました。これからどんどん成長していくと思うので、1ヶ月後くらいのわたしたちを楽しみにしていてください! そしてこの番組をきっかけに、モテたいです!」と意気込み。オカリナは「同期の鬼越トマホーク、大好きなザ☆忍者さんと一緒ですごく楽しみだったのですが、実際一緒に番組をやるとなると難しいものなんだな、と感じました(笑)。企画が本当に“ガチ”なことに驚きました」と話していた。



オリコントピックス