• ホーム
  • 芸能
  • 羽田圭介氏“又吉効果”で悲喜こもごも 女子アナナンパの“素顔”も告白

羽田圭介氏“又吉効果”で悲喜こもごも 女子アナナンパの“素顔”も告白

 お笑いコンビ・ピース又吉直樹と、アイドルグループ・NEWSの加藤シゲアキがメインMCを務める単発バラエティー『タイプライターズ〜物書きの世界〜』の第2弾が、25日深夜0時40分からフジテレビ(※関東ローカル)で放送され、ゲストに又吉とともに第153回芥川賞を受賞した作家の羽田圭介氏が出演することが16日、わかった。

【写真】その他の写真を見る


 同番組は、又吉と加藤が、ゲストとして招いた作家の知られざる素顔や執筆の裏側を探求していく、物書きの物書きによる物書きのためのバラエティー。ゲストのゆかりの地や、なじみの場所を共に訪れ、思い出やエピソード、小説の着想を得る機会、創作の裏側など、幅広くトークを繰り広げていく。又吉、加藤ともに羽田氏とは今回がテレビ初共演となる。

 芥川賞のW受賞についての話題になると、羽田氏は「自著の売り上げが伸び幸運だ」と素直な気持ちを述べつつ、「でも『火花』の横に『スクラップ・アンド・ビルド』が並ぶと、売れていない感がすごい」とポツリ。「世間の皆さん、もう少しバランス取ってくれてもいいんじゃないですか、と思ったりする。もっと又吉さんに便乗したい」と、悲喜こもごもといった様子だった。

 また、生放送中に女性アナを口説いたという先輩作家・渡辺淳一氏の豪快エピソードが紹介されると、羽田氏も「この前、とある番組の収録中にガチで女性のアナウンサーの方に電話番号を聞いたんですけど、ダメでした…」と自ら暴露。さらに「じゃあLINEのIDを教えてくださいって言ってもダメって言われました」と、アグレッシブな素顔に二人は驚いていた。



関連写真

  • 『タイプライターズ〜物書きの世界〜』に出演が決まった羽田圭介氏
  • 『タイプライターズ〜物書きの世界〜』に出演が決まった羽田圭介氏

オリコントピックス