• ホーム
  • 芸能
  • 堂本光一、21歳での帝国劇場座長に「批判の声があった」

堂本光一、21歳での帝国劇場座長に「批判の声があった」

 人気デュオ・KinKi Kids堂本光一が11日、テレビ朝日系『徹子の部屋』に出演。帝国劇場で初めて『SHOCK』の座長・主演を務めたころに「批判の声があった」と振り返った。

 『SHOCK』は、堂本が21歳になった2000年に初演され、演出を変えながら上演を続け、今年の3月までに通算1287回、232万9011人を動員。今月8日よりは大阪・梅田芸術劇場で上演されている。堂本にとってライフワークであり、ミュージカル単独主演記録1位、さらに08年には第33回『菊田一夫演劇賞』を受賞するなど、高く評価されている。

 しかし、初演当時は21歳という当時最年少の若さで、伝統と歴史のある帝国劇場の座長を務めることについて「批判の声も自分の耳に入ってきた」という。そんな声に対して堂本は、「きれいな言葉ではないですけど、だったら『黙らせてやるものを作ってやり続けなくては』という強い思いに変えていった」と当時の思いを打ち明けた。

 また、今年3月の公演中に舞台セットが倒れ、計6人が負傷した事故についても言及。「『SHOCK』というのは、良くないことが起きても大きく報道されてしまう。賞賛を浴びるときは、座長の自分が一番いただくけれど、ああいった場所でも自分が先頭に立たないといけない、と強く感じた」と回想した。

 司会の黒柳徹子から、事故直後の様子を聞かれると、「セットが倒れて、(キャストと)スタッフの信頼関係が揺らぐんじゃないかと言われたこともあったけど、逆で。何年も彼らが大変なことをやってきたのをずっと見てきたので、彼らのためにも翌日に再開して、舞台を成功させることが答えじゃないかとすごく感じた」と、当時の思いを改めて語った。



オリコントピックス