• ホーム
  • 芸能
  • 高橋ジョージ、事務所問題に言及「全然揉めてない」

高橋ジョージ、事務所問題に言及「全然揉めてない」

 NHKドラマ『美女と男子』に出演していたロックバンド・THE 虎舞竜の高橋ジョージが、役名の“たどころ晋也”名義で劇中歌唱曲「ハローマイラブ!/ふたりOne Day〜」を発売した。“一発屋のベテラン歌手”という役柄でオンエア中も話題になっていたが、そんな“たどころ”を演じたことで改めて感じた音楽への情熱、さらにドラマの撮影時間をめぐるトラブルを、一部週刊誌に報じられていた前所属事務所との契約終了について語った。

◆もう一度デビューするぐらいの気持ち、今後は音楽活動を中心にやっていきたい

――今後の活動に関しては、現事務所を独立して、個人事務所を設立するというニュースも出ていましたが。
【高橋ジョージ】 いやいや、独立も何も俺は元々、個人事務所も持っているし、全然揉めてないですよ。ただ、今後は音楽活動を中心にやっていきたいなと。そもそも、俺がバラエティ番組とかに出るようになったのは偶然なんです。何年も前にある旅番組に(三船)美佳さんとお母さんが親子で出ることになっていて。でも、ロケの1週間前に美佳さんのおばあちゃんが骨折をしてしまったんですね。で、急遽、僕が出たら、視聴率がすごく良くて。それを観ていた他局のプロデューサーが「こいつ、こういうのやるんだ」ってなって、いろんな番組から声を掛けてもらえるようになったっていう。それはそれでありがたいことだけど、今回、『美女と男子』で、俺と同世代の中年の人達からの応援がすごくあったので、もう一度デビューするぐらいの気持ちでやりたいなと思ったんですよね。

――“THE 虎舞竜”をやっていた頃と今と、音楽に対するマインド的な変化はありますか?
【高橋】 基本的に俺の中身は昔も今も“バンドマン”のままです。ドラマでもバンドマンのノリで仲間(由紀恵)さんや町田(啓太)くんとかキャストを「メシ食いに行こうよ」って誘ったんだけど、「いいですね」って、そこで話が止まっちゃって。「じゃあ、今日行こう!」って言ったら、みんなビックリしてたけど結局、その夜はキャスト全員が来てくれて、焼肉屋が貸し切り状態になっちゃったっていう(笑)。そうしたら、そっから毎日LINEで「次はいつ行きます?」って連絡し合うになって、10日に1回ぐらいみんなで食べに行くようになったんですよ。

◆仲間由紀恵も応援! 『紅白』出場が今の目標

――普通、ドラマの現場ってなかなかそこまで親しくなれないって言いますよね。
【高橋】 そう。だから嬉しいですよね。しかも、ドラマの中ではたどころ晋也は『紅白』に出られたんだけど、キャストの人たちが「今年の31日は空けておきます」って言ってくれて。仲間さんが「私、たどころさんのときだけでも司会します」って、その言葉は本当に励みになりました。だから俺としては、本気で俺にホレてる1人のマネージャーと、応援してくれる100人の身内、あとは1000人のファンがいれば絶対にやっていけるなと。そこからがスタートだなって思ってます。

――今後の目標は?
【高橋】 3つあります。1つ目は俺にとって聖地である、ロンドンのアビー・ロード・スタジオでレコーディングすること。2つ目はホールでのコンサート。でも武道館とかはあまり興味がなくて、今一番やりたいのは中野サンプラザですね。もうすぐなくなってしまうから。で、3つ目はやっぱり『紅白』出場。これが一番難しいと思うけど、さっきも言った通りドラマのキャストの応援もあるので、みんなのためにここを目指していきたいです。できる、できないは置いておいても、そうやって誰かのためにがんばれるっていうのは大事だし、幸せなこと。人間は目標があれば進んでいけますからね。

(文:若松正子)



関連写真

  • NHKドラマ『美女と男子』での役名“たどころ晋也”名義で劇中歌唱曲を発売した高橋ジョージ
  • “たどころ晋也”名義で発売した劇中歌唱曲「ハローマイラブ!/ふたりOne Day〜」

オリコントピックス