• ホーム
  • 芸能
  • ディカプリオ最新作『レヴェナント:蘇えりし者』来春公開決定

ディカプリオ最新作『レヴェナント:蘇えりし者』来春公開決定

 俳優のレオナルド・ディカプリオが主演、2015年アカデミー賞で作品賞・監督賞・脚本賞・撮影賞の最多4部門を受賞した『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のアレハンドロ・G・イニャリトゥが監督・脚本・製作を務める映画『レヴェナント:蘇えりし者』が、16年春に公開されることが決定した。生死を懸けた壮絶サバイバルを繰り広げる、ディカプリオ演じる主人公ヒュー・グラスの劇中カットも解禁された。

 同作の舞台は、アメリカ西部の広大な未開拓の荒野。狩猟中に熊に喉を裂かれ瀕死の重傷を負ったハンターのヒュー・グラス(ディカプリオ)は、狩猟チームメンバーの一人、ジョン・フィッツジェラルド(トム・ハーディ)に置き去りにされてしまう。

 原作はハンター、ヒュー・グラスの実話にインスパイアされたマイケル・パンクによる同名小説。“生きる”という純然たる意志だけを武器に、グラスは大自然の脅威のなか厳しい冬の寒さに耐え、交戦中の部族の熾烈な襲撃をかわし、フィッツジェラルドに復讐を果たすため、約300キロの旅を生き延びなければならない。

 主人公・グラスを演じるディカプリオは、これまでアカデミー賞に4度ノミネートを果たすも未だ無冠。2013年の俳優休業宣言を覆して出演を快諾しており、本作で悲願のオスカー獲得を狙う。

 ジョン・フィッツジェラルド役は、『ダークナイト ライジング』『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のトム・ハーディ。ディカプリオとは『インセプション』以来5年ぶりの共演を果たす。

 イニャリトゥ監督は、リアリティを追求するため極寒の地で撮影を敢行。ディカプリオとハーディを本気で格闘させ、ディカプリオの鼻が折れるもそのまま撮影続行し、迫真の演技を極限まで引き出した。

 撮影監督は、全編1カットかと見紛う長回し映像が話題を呼んだ『ゼロ・グラビティ』『バードマン〜』で2年連続オスカーを獲得したエマニュエル・ルベツキ。本作では長回しのほか、照明機材を一切使わず、自然光だけで撮影するという試みを行っている。



オリコントピックス