• ホーム
  • 芸能
  • 作家・冲方丁さんがブログで謝罪「反省の念に堪えません」

作家・冲方丁さんがブログで謝罪「反省の念に堪えません」

 作家の冲方丁(うぶかた・とう)さんが1日、自身の公式ブログを更新。妻の顔を殴るなどドメスティックバイオレンス(DV)をしたとして、傷害の疑いで逮捕されたことについて「このたびは世間をお騒がせし、また各方面に多大なご迷惑をおかけしてしまい、心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

 「ご報告」のエントリーで冲方さんはお詫びの言葉とともに「全て己の不徳の致すところであり、反省の念に堪えません」とつづり「一部報道にもあるように、昨日無事に釈放されました」と報告。続けて「私の主張は、当初の報道より変わりありません」と、改めてDVについて否定した。

 最後は「今後とも皆様からご支援をいただけますよう、公人としてのみならず、私人としても、精進して参る所存です」と気持ち新たにし「関係各位にお詫び申し上げますとともに、皆様の冷静なご対応に深く感謝いたします」と結んでいる。

 冲方さんは1996年、早稲田大学在学中に『黒い季節』でデビュー。日本SF大賞などを受賞して映画化もされた『天地明察』などの小説をはじめ、ゲーム、アニメーション、漫画と多才な活動で知られる。



オリコントピックス