• ホーム
  • 芸能
  • 安蘭けい「今回は本当に難しい」 “孤独な女性”役に苦戦

安蘭けい「今回は本当に難しい」 “孤独な女性”役に苦戦

 女優の安蘭けいが8月31日、都内で行われたミュージカル『CHESS』公開けいこ後に報道陣の囲み取材に応じた。今作で、ハンガリー動乱によって親を亡くした孤独な女性・フローレンスを挑戦するが、役作りに「苦戦をしている」と明かした。

【写真】その他の写真を見る


 同作品は、1972年に世界チャンピオンとなった天才チェスプレイヤーのボビー・フィッシャーや、彼と関わった人物をモデルとして、旧ソビエト連邦とアメリカとの冷戦、ハンガリー動乱など、国家に翻弄される人々を描いた物語。

 報道陣から役作りのポイントを聞かれると「いろんなミュージカルでいろんな女性を演じてますけど、今回は本当に難しい。苦戦している」と安蘭。「最近の作品でやった“大女優”みたいに、思い切り濃い個性や色があるわけではない」と、その理由を説明し「シリアスだけでなくて、もっと面白いとか楽しいとかを考えれば、役自体の喜怒哀楽とかも出せるのかな」と本番に向け、少しずつ手応えを感じている様子を見せた。

 囲み取材にはそのほか、石井一孝田代万里生中川晃教も出席。同作品は、東京と大阪で全27回上演される。



関連写真

  • 役作りに「苦戦をしている」と明かした安蘭けい (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)田代万里生、石井一孝、安蘭けい、中川晃教 (C)ORICON NewS inc.
  • ミュージカル『CHESS』公開けいこ後の取材に出席した田代万里生 (C)ORICON NewS inc.
  • ミュージカル『CHESS』公開けいこ後の取材に出席した石井一孝 (C)ORICON NewS inc.
  • ミュージカル『CHESS』公開けいこ後の取材に出席した中川晃教 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス