• ホーム
  • 芸能
  • 松雪泰子、竹野内豊との初共演に「驚きの連続だった」

松雪泰子、竹野内豊との初共演に「驚きの連続だった」

 女優の松雪泰子が、映画『at Home』(公開中)でワケありの夫婦役を演じた竹野内豊との初共演の印象を明かした。松雪は「理屈ではなく感性で表現していて、新鮮かつ驚きの連続でした。毎日とても楽しかったです」と撮影を振り返っている。

 同作が取り上げるのは、どこにでもある幸せそうな普通の家族。しかし、その一家は、決して振り返りたくない過去を持つ、偽装家族だった。父・和彦(竹野内)は泥棒、母・皐月(松雪)は結婚詐欺師、長男・淳(坂口健太郎)が偽造職人で、長女・飛鳥(黒島結菜)とまだ幼い次男・隆史(池田優斗)も「犯罪で生計を立てていること」を知っていた。そんな一家に生じるほころびから、“本当の家族”の絆を描いていく。

 完成した作品を観た松雪は、テーマになる家族について「絆ってなんだろうって考えました。血がつながっていてもいなくても、家族のあり方はさまざま。状況がどうであれ、助けあって支えあう気持ち、相手を思いやる心を持ち続けることって大事だなって。人生のなかでの絶対的な味方である存在が家族。ときには疎遠になったりすることもあるけど、最終的には家族という絆を超えるものはないと思います。改めて大事にして生きていきたいと思いました」とコメントしている。



オリコントピックス