• ホーム
  • 芸能
  • DAIGO、髪型キープの秘密は「パッキパキにスプレー」

DAIGO、髪型キープの秘密は「パッキパキにスプレー」

 日本テレビ系『24時間テレビ38 愛は地球を救う』のチャリティーマラソンで100キロを完走したDAIGOが23日、同番組終了直後にゴール地点の東京・日本武道館で引き続き生放送された『行列ができる法律相談所』に出演。体の痛みや最後まで崩れなかった髪型について振り返った。

 足の状態について聞かれると、「BKBK、バッキバキ」で、ふくらはぎや膝の痛みのほか、タイツでお尻が擦れてしまい「ケツづれが痛い」と告白。トレードマークの手袋を外して走っていたことについては、「夏場の手袋は邪魔なんですよ。走るのに必要ないなって」と率直に語った。

 ゴールの際に号泣していたことをMCの東野幸治から聞かれると「たすきをみなさんから受け継いで武道館にゴールする、つなぐのが使命だったので。不安があったけど、武道館に入った途端に思い出した」と説明した。

 続けて、ヘアスタイルがスタート時からまったく崩れなかったことを指摘されると、「ここだけはこだわりたかったので、パッキパキにスプレーした」と、100キロをキープさせた秘けつを明かし、出演者を笑わせた。



オリコントピックス