• ホーム
  • 芸能
  • 品川祐『火花』ドラマ化に名乗り「大先生に全力で土下座」

品川祐『火花』ドラマ化に名乗り「大先生に全力で土下座」

 お笑いコンビ・品川庄司品川祐が24日、都内で行われた『ソフトバンク 新サービス発表会』に出席。第153回芥川賞を受賞したピース又吉直樹の『火花』ドラマ化に名乗りを上げた。

【写真】その他の写真を見る


 この日、ソフトバンクとインターネット映像配信ネットワークの世界最大手「Netflix(ネットフリックス)」(本社:米カリフォルニア州ロス・ガトス)との業務提携が発表されたことにちなみ「こんなコンテンツをNtflixでやってみたい」という企画を実施。

 監督としても活動する品川は「品川監督ドラマ」と題し「Neiflixならではのドラマ、例えば最終話を“ハッピーエンド”と“バッドエンド”で2通り作るとか…」と具体的な構想を展開。だが、会場の反応が今ひとつだったことを察して「全力で又吉大先生に土下座して『火花』をドラマ化する」と提案し「今、吉本の“先生枠”を又吉に持って行かれたんで。(実現に向けて)全力で土下座します」と語った。

 発表会にはそのほか、ソフトバンク代表取締役社長兼CEOの宮内謙氏、白戸家のお父さん、デーブ・スペクター庄司智春、ダコタ・ローズも出席した。



関連写真

  • ピース・又吉直樹の『火花』ドラマ化に名乗りを上げた品川祐 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)デーブ・スペクター、ダコタ・ローズ、品川祐、庄司智春、白戸家のお父さん (C)ORICON NewS inc.
  • 『ソフトバンク 新サービス発表会』に出席したダコタ・ローズ (C)ORICON NewS inc.
  • 『ソフトバンク 新サービス発表会』に出席した庄司智春 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ソフトバンク 新サービス発表会』に出席したデーブ・スペクター (C)ORICON NewS inc.
  • 白戸家のお父さんの顔をなめられる庄司智春=『ソフトバンク 新サービス発表会』 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス