• ホーム
  • 芸能
  • 五輪エンブレム「デザイナーに200億」 尾木ママ、ブログの誤解を謝罪

五輪エンブレム「デザイナーに200億」 尾木ママ、ブログの誤解を謝罪

 教育評論家の“尾木ママ”こと尾木直樹氏(68)が22日、自身のブログを更新。佐野研二郎氏(43)の手になる2020年東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムについて「デザイナーにはいるお金200億」などとブログに記したことを訂正、謝罪した。

 問題の記事は18日付。尾木氏は「前日夜の番組で専門家の方がこれまでのオリンピックの実績から言うとライセンス料は4〜5%でグッズの総売上が4000〜5000億円あり、200億円位の売り上げと言った主旨の解説コメントがあり これがデザイナーに入るものと受け止め 賞金だけと思っていた私はびっくり これはひどいとブログ記事にしたものです…」と経緯を説明。

 その上で「私の発言が皆さんに誤解をあたえ デザイナーの佐野氏には大変な失礼をしてしまいました 誠に申し訳ありません! 心よりお詫び申し上げます さらに、関係者の皆さま 読者の皆さんにも誤解をあたえてしまい ご迷惑をおかけし申し訳ありません」と謝罪した。

 最後は「デザイン世界のこと あまりにも不思議に思え疑心暗鬼になりすぎていました」とし「今後は未知の世界の問題はもっともっと慎重に学んでから しっかり事実理解してから自分の見解発信しようと思います…」と“再発防止”を誓った。

 尾木氏の「200億」発言は賛否両論を含めてネット上で物議を醸していた。



オリコントピックス