• ホーム
  • 芸能
  • DAIGO、『24時間テレビ』マラソン走行距離は100キロ「YSK」

DAIGO、『24時間テレビ』マラソン走行距離は100キロ「YSK」

 日本テレビ系毎夏恒例『24時間テレビ38』(22日、23日)のチャリティーマラソンランナーを務める歌手でタレント・DAIGOの、放送当日の走行距離が「100キロ」に決定した。このほど公開練習後行われた囲み取材で発表された。「ロック(ミュージシャン)なんで69キロとか勝手に考えてました」と予想していたDAIGOだが、坂本雄次トレーナーから走行距離が書かれたメモを受け取ると「なるほど…」とポツリ。「YSKですね。やっぱり・そう・来たか」と“DAI語”で心境を語り、報道陣の笑いを誘った。

 体力・身体の個性・当日の気象・制限時間などを考慮した結果、100キロとなったことを坂本トレーナーから聞いたDAIGOは「まだ、楽しみより不安の方が強いです」と素直に告白。「でもやっと走る距離がわかったので、残り2週間は『100キロ走るんだ』という意識で練習に臨めるし、この100キロという距離をしっかりと受け止めて、気を引き締めて頑張っていきたい」と意気込んだ。

 オファー当初は3キロしか走れなかったDAIGOだが練習を重ねて、現在は最高30キロまで距離を伸ばした。筋肉量も増え「今までの人生の中で、体調は一番いい」と手応えを明かし「自分自身としては頑張って、何がなんでもゴールしたい」と宣言。一方で「まだ本番の3分の1しか走ってなかったんだな…って思って、正直ちょっとゾッとしてます。(30キロ走った)あの日でもホントに疲れたんで…」と本音も漏らした。

 この日はチャリティーパーソナリティーのV6長野博森田剛が激励訪問。1998年に自身もランナーを経験した“先輩”森田は「本番は、気持ちの部分が大きいと思います。走っている間、どうしても孤独になるんですよ。勝手に色々なものを背負いこんでしまって、寂しくなるんです。そんな状態になったとき、どう自分と向き合って、進んでいくかということがポイント」と助言。DAIGOは「長野さんと森田さんに来ていただいて、自分にとっては心強くて、ありがたいですね。森田さんは、実際に走られた経験もありますし、すごい勉強になります」と感謝していた。



オリコントピックス