• ホーム
  • 映画
  • 『ライチ☆光クラブ』が映画化 野村周平、古川雄輝らが出演

『ライチ☆光クラブ』が映画化 野村周平、古川雄輝らが出演

 古屋兎丸氏の漫画を実写映画化した『ライチ☆光クラブ』(今冬公開)のキャストが発表され、併せて特報映像が公開された。同作は大人になることを拒んだ美しい少年たちの愛憎と裏切りの物語をダークな世界観で描き、舞台版でも人気を集めた。主演をフジテレビ系『恋仲』に出演している野村周平(21)、ミスター慶応というハイスペックにも注目の古川雄輝(27)、『水球ヤンキース』などで注目を集めた間宮祥太朗(22)らが出演する。

 原作は、9人の少年たちの青春残酷劇を徹底して精緻に美しく描写し、独創的な世界観と圧倒的な画力で支持される古屋氏のロングセラーコミック。2012年、2013年と立て続けに舞台化され、全公演が即完売。今年12月の舞台公演も決まっている。

 物語の舞台は、黒い煙と油に塗れた町“蛍光町”と廃工場の秘密基地“光クラブ”。光クラブの少年たちが醜い大人に抗うため「最強の力」と「永遠の美」を手に入れたとき、少年たちの世界が狂いはじめる…。

 監督は、『先生を流産させる会』で新たな才能として脚光を浴びた若手映画監督・内藤瑛亮(32)。実存する廃工場で撮影が敢行され、独創的な世界観の実現に成功している。

 発表された9人の少年たちを演じるメンバーは、野村、古川、間宮のほか、殺陣やアクロバットなアクションを得意とする池田純矢(22)、『仮面ライダー鎧武/ガイム』に出演した松田凌(23)、『仮面ライダーウィザード』に出演、多くのドラマ、映画で活躍する戸塚純貴(22)、日本テレビ系『デスノート』に出演中の柾木玲弥(20)、マーティン・スコセッシ監督『沈黙』へ出演が決まっている藤原季節(22)、映画『合葬』の公開を控える岡山天音(21)と、今後さらなる活躍が期待される20代前半の若手俳優たちがそろった。

 原作の古屋氏は「この映画で光クラブのメンバーを演じられた役者さんたちは、皆さんそれぞれ個性を生かし、役に没入してくれました。富士の真冬の廃工場で連日連夜、熱い演技をしてくれた彼らの鬼気迫る姿はまさに光クラブでした。今まで見たことのない彼らの意外な面が見られると思います」と太鼓判を押している。

 主演を務める野村は「現場では、若手キャストやスタッフの全員の仲がよかったので、それがいい形で映画に現れていると思います。原作もそうですが、今こういった形で描かれることのない思春期の様子を描いて、とても刺激的な作品です。普段の生活をしていたら絶対に交わることがない世界が描かれているので、今まで体験したことがない経験が必ずできると思います」と自信をのぞかせた。

 舞台版を鑑賞したことがあるという古川は「とても好きな作品なので出演することができ、うれしく思っています。同世代の役者さんが多く、皆さんとのお芝居は刺激的で面白かったです」と撮影を振り返っている。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 映画『ライチ☆光クラブ』のキャストが発表。(上段左から)野村周平、古川雄輝、間宮祥太朗ら注目の若手俳優が出演する (C)2015『ライチ☆光クラブ』製作委員会
  • 実写化される映画『ライチ☆光クラブ』(C)2015『ライチ☆光クラブ』製作委員会

オリコントピックス