• ホーム
  • 芸能
  • ウーマン村本、ファンに手は出さない? “キャラ偽装”で謝罪

ウーマン村本、ファンに手は出さない? “キャラ偽装”で謝罪

 お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワー村本大輔(34)が、26日放送のTBS系『サンデー・ジャポン』(毎週日曜 前10:00)にVTR出演し「ファンに手を出すというのはキャラでした」と謝罪した。

 先日18日、警視庁が東京都渋谷区の女子大生(24)をストーカー規制法違反の疑いで逮捕したことについて番組に直撃された村本は「警察の人が絡んでいるので、あまり言えないです、会社的に…」としながらも「言えないですけど、1個だけ言うと、夜中ピンポンが鳴ってモニターを見たらキツネのお面をかぶった女が立っていたんです。夜中2時です」と語った。

 さらに「僕がファンに手を出すって言うから、そういう女の人が来やすいみたいなのもあるので、もう言います。あれはもうね、ちょっと作っています。『ファンに手を出す』は今までキャラでした。すみませんでした」とお詫び。理由については「目先の小銭に目がくらみまして」と笑った。



オリコントピックス