• ホーム
  • 芸能
  • 『情熱大陸』又吉直樹、芥川賞受賞の瞬間に密着

『情熱大陸』又吉直樹、芥川賞受賞の瞬間に密着

 きょう19日放送のMBS・TBS系『情熱大陸』(午後11時25分〜、通常は毎週日曜 後11:00)に、史上初の“芥川賞芸人”となったお笑いコンビ・ピースの又吉直樹が登場する。同番組では、今年1月に発表した文芸誌デビュー作『火花』の単行本が刊行された3月から、今月16日の選考会当日まで密着取材を敢行。作品発表からノミネート、受賞までの日々に何を思ったのか? 芸人としてのジレンマは? 受賞の瞬間から記者会見場への移動の車中にも完全密着した。

【写真】その他の写真を見る


 『火花』の掲載誌『文學界』(文藝春秋)が創刊以来初めて増刷され、単行本は累計104万部まで増刷されることが決定。不況の出版業界の期待の星となった。世間の注目度が高まるにつれ“先生”扱いされるようになった又吉。そんな周囲の評価とは裏腹に、又吉は芸人としての自分を変えようとはしない。「自分にとって、小説を書くことは芸人の仕事にめっちゃ近いんです」と話す。漫才やコントを書いたのと同じで、小説も好きだから書いた。

 世間の風潮を計算して立ち回れるほど器用ではないという。自分の中の面白さだけを追求してきたはずが、はからずも世間との距離を急激に縮め、多くを求められるようになった。「ありがたいですね」と乏しい表情のまま又吉はつぶやく。その胸中に迫る。



関連写真

  • 7月19日放送、MBS・TBS『情熱大陸』は又吉直樹(ピース)、史上初“芥川賞芸人”誕生までに密着(C)MBS
  • 東京・紀尾井町のホテルのバーで連絡を待つ又吉直樹(C)MBS
  • 受賞の知らせを受け記者会見場に移動する車中の又吉。相変わらず表情は乏しいが…(C)MBS
  • 7月19日放送、MBS・TBS『情熱大陸』は又吉直樹(ピース)、史上初“芥川賞芸人”誕生までに密着(C)MBS

オリコントピックス