• ホーム
  • 芸能
  • “便通に悩む”田中哲司、CMで中高年のリアルな日常を熱演

“便通に悩む”田中哲司、CMで中高年のリアルな日常を熱演

 俳優の田中哲司が、サプリメントの新ブランド『ヘルスエイド』(森下仁丹)のCM“がんばれ、タケシ49歳シリーズ”「すっきりしてキャッチボール」篇と「体脂肪が気になる同窓会」篇に出演した。同CMでは、便通に悩む姿や、中年太りでお腹が出過ぎてボタンがはち切れそうといった、中高年男性が思わず頷くリアルな姿がコミカルに描かれている。

【写真】その他の写真を見る


 「すっきりしてキャッチボール」篇は、息子とキャッチボールをする予定の田中が、便通でトイレから出て来れないというストーリー。妻に「長いな〜いつまで(トイレに)入っているの? ハルト(息子)が待ってるわよ」とつぶやかれ、玄関先では待ちくたびれた息子が、不機嫌そうにしている。「一緒に遊んでくれるのも今のうちよ!」と妻の痛い台詞に、思わず“あるある”と頷きたくなる。

 一方の「体脂肪が気になる同窓会」篇は、同窓会で久しぶりに同級生と会うというストーリー。「みんな変わっていたな〜最初誰だかわからないヤツがいっぱいいた」と懐かしそうに話す田中に、「(田中は)昔と変わってないね〜」とクラスメイトの女性がひと言。急に眼の色が変わり、ビシッとキメたいところだが、中年太りでお腹が出すぎてジャケットのボタンが今にもはち切れそう……。こちらも、思わず“あるある”と頷きたくなる中高年男性のリアルな日常を熱演している。

 49歳の森下タケシ役を演じた田中は、演出コンテをポケットにしのばせ、撮影の合間も台詞を練習。蛍光マーカーと赤ペンで書き込まれた演出コンテは、撮影終了後にはしわくちゃになるほど、入念に台詞をチェックし撮影に挑んだ。というのも撮影を担当したのは、映画『悪人』や『座頭市 THE LAST』、『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』など、日本映画の数々を撮影してきた笠松則通氏。「昔からお世話になっている笠松さんの撮影だったので、気合いが入らざるをえなかった(笑)」と映画さながらの雰囲気で、撮影が行われた。

 「すっきりしてキャッチボール」篇と「体脂肪が気になる同窓会」篇は、15日より放送。

◆“がんばれ、タケシ49歳シリーズ”CM「すっきりしてキャッチボール」篇

◆CM「体脂肪が気になる同窓会」篇

サプリメントの新ブランド『ヘルスエイド』 オフィシャルサイト

関連写真

  • 「すっきりしてキャッチボール」篇でトイレから出られない田中哲司
  • 同窓会で久しぶりの同級生に会う田中哲司
  • 中年太りでボタンがパツパツになった田中哲司
  • 息子とキャッチボールをする田中哲司

オリコントピックス