• ホーム
  • 芸能
  • 麒麟川島、元カノ眞鍋を祝福 短歌の頭文字で「おめでとう」

麒麟川島、元カノ眞鍋を祝福 短歌の頭文字で「おめでとう」

 お笑いコンビ・麒麟川島明(36)が26日、自身のツイッターを更新。この日、結婚を発表した元カノ・眞鍋かをり(35)への祝福を込めたと思われる短歌を詠み上げた。

 川島はツイッターで「おおわらい 芽吹く祇園の 出番終え とおくの鐘の音 うめ酒で祝う」と短歌を発表。それぞれの句の頭文字が「お・め・で・と・う」となっていることから、かつて交際していた眞鍋への祝福を込めたのではないか、と推測される。

 川島と眞鍋の交際は2007年に発覚。お互い出演する芸能イベントなどでたびたび順調な交際ぶりを明かし、結婚秒読みといわれていたが、11年に破局。その後、眞鍋は12年2月にミュージシャン・吉井和哉(48)との交際が発覚、きょう自身のブログで結婚と妊娠を発表した。



オリコントピックス