• ホーム
  • 芸能
  • 萩原流行さん妻、警察からの調査説明内容を公表

萩原流行さん妻、警察からの調査説明内容を公表

 4月22日にオートバイを運転中に転倒し、亡くなった俳優の萩原流行さん(享年62)の妻・まゆ美さんが24日、杉並警察署で1時間半にわたり事故調査説明を受けたことを発表した。

 公表された内容は以下のとおり。

■事故はどの様にして起きたのか

 警察車両が線路変更する際、安全確認不足により、萩原さんの転倒に影響を及ぼした。萩原さんが投げ出された後に、バイクが滑走し、前輪とワゴン車の右側前部が接触。萩原さんは第三車線を走行中の乗用車の前輪と後輪の間に滑り込み、後輪で轢かれた。

■「訴状(公訴?)に関する事なので、具体的な事は言えない」と説明を受けた部分について

 目撃者の証言も集まっていること。駐車していた車も特定できていること。「再現」は、交通鑑識が主体に行われ、 捜査報告書は作成済み。検事は交通部が担当。

 上記は録音が許されない状態で、まゆ美さんの記憶とメモによる報告のため「細部に渡りお伝えすることができず、誠に申し訳ございません」と謝罪している。

 今後も事故の調査が行われ、内容については随時発表するほか、「発表できることがあれば、およびかけさせていただきます」と記者会見の開催も示唆している。



オリコントピックス