• ホーム
  • 芸能
  • 元宝塚トップスター・柚希礼音、アミューズとマネジメント契約

元宝塚トップスター・柚希礼音、アミューズとマネジメント契約

 今年5月10日に宝塚歌劇団を退団した元星組トップスターの柚希礼音(ゆずきれおん)が、芸能事務所アミューズとマネジメント契約を締結し、きょう17日から活動していくことがわかった。

 2009年に宝塚歌劇団星組のトップスターに就任した柚希は、数々の演劇賞を受賞したほか、宝塚歌劇100周年を飾り、数々のレジェンドを打ち立てた稀代のトップスター。今月8日にWOWOWで放送された「第69回トニー賞授賞式」で退団後初のテレビ出演を果たし、話題となっていた。

 柚希は「このたび縁あって、海外での活動やコンサートなど、自分が今後やっていきたい方向性に合っていたアミューズに所属することになりました」と報告。「7月には、ミュージカルの稽古ためにニューヨークに行くことになりますが、言葉の壁を越えて、最終的には思いがしっかりと伝わるような舞台になるように頑張りたいと思います」と意気込み、「これからもアーティストとして、自分に限界を決めずに、常に挑戦し続けていきたいと思います」とさらなる飛躍への決意を述べた。

 今後の活動として、トニー賞に史上最多の21回輝いた演出家ハロルド・プリンス氏が、自ら手掛けたヒット作から珠玉のナンバーを厳選し新たに製作する新作ミュージカル『プリンス・オブ・ブロードウェイ』に唯一の日本人キャストとして参加する。

 同社は柚希の人気が高い台湾などアジア各国、そして本場ブロードウェイのあるアメリカにも現地拠点があり、今後のワールドワイドな活動のサポートをしていく。



タグ

オリコントピックス