• ホーム
  • 芸能
  • 吉高由里子『花子とアン』以来の女優活動再開へ 10月舞台に初挑戦

吉高由里子『花子とアン』以来の女優活動再開へ 10月舞台に初挑戦

 女優の吉高由里子(26)が10月上演の舞台『大逆走』に出演し、昨年のNHK連続テレビ小説『花子とアン』以来約1年ぶりに女優活動を再開させることが15日、明らかになった。吉高は舞台初挑戦となる。

 同舞台は、劇作家・赤堀雅秋氏(43)の作・演出で、俳優・北村一輝(45)が5年ぶりに舞台主演する。北村演じる望月ら3人の男がある日、道端に倒れている不思議なOL・佐々木(吉高)を発見したことから、なぜかヤクザに追われることになる、というストーリー。

 キーパーソンである佐々木を演じる吉高は「結果はどうなるかわかりませんが、赤堀さんに出会ってしまったからには、悔いの残らないよう尽力して取り組み、素敵な作品として残すことができたらと思っております。なんだかドキドキします。新しいこと」と意気込みを語っている。

 東京・Bunkamuraシアターコクーンで10月9日〜25日、大阪・森ノ宮ピロティホールで10月29日〜11月1日に上演される。



関連写真

  • 舞台『大逆走』で女優活動を再開させる吉高由里子
  • 舞台『大逆走』に主演する北村一輝
  • 作・演出の赤堀雅秋氏

オリコントピックス