• ホーム
  • 芸能
  • TBSとサウジ、『SASUKE』アラビア語圏版制作で覚書

TBSとサウジ、『SASUKE』アラビア語圏版制作で覚書


 TBSのスポーツエンターテインメント番組『SASUKE』の現地制作版『Arabian Ninja Warrior』(仮称)実現のため、サウジアラビアのフェサール王子がこのほど来日し、TBSホールディングスの石原俊爾社長と覚書を交わした。テレビ番組の契約のため王族が来日するのは異例のこと。

 覚書は、米国版『American Ninja Warrior』を含む各国版の、アラビア語圏での展開も視野に入れたもの。また、3月末に英マンチェスターで行われた『SASUKE』の英国現地制作版『Ninja Warrior UK』の収録も、アラビア語圏現地制作版を担う中核スタッフが視察している。TBSは「今回の覚書調印を機に、アラビア語圏全域(17ヶ国)におよぶ包括的展開に向けた作業が一気に本格化する」との見通しを示している。

 『SASUKE』の現地版制作は、アジアや米国に続き、初の中東トルコ版、同じく欧州スウェーデン版も実現し、各国で人気を博している。



タグ

オリコントピックス