• ホーム
  • 芸能
  • オリラジ・中田考案キャラクター「マメ蔵」誕生 アニメ化も決定

オリラジ・中田考案キャラクター「マメ蔵」誕生 アニメ化も決定

 お笑いコンビ・オリエンタルラジオ中田敦彦が、CS「映画・チャンネルNECO」の開局25周年を記念して、初めてキャラクターデザインを手がけたオリジナルキャラクターが完成した。その名も「マメ蔵」。このキャラクターを引っさげ、アニメ制作プロジェクトも始動することも併せて発表された。

 同局のオリジナル番組『映画ちゃん』でMCを務める中田は、3月1日(#116)の放送で、キャラクター制作プロジェクトの発表と、キャラクター案のモニタリングを実施。子ども・女子高生・アニメオタクによるモニタリングで高評価を獲得し、相方・藤森慎吾も「一番良いと思う」と評価した“招き猫”をモチーフとしたキャラクター案を基に、藤森からインスパイアされたちょっとチャラい、それでも憎めない可愛らしさを併せ持ったキャラクターが誕生した。

 今後は、アニメ『鷹の爪』『パンパカパンツ』等を制作したキャラクタープロデュース会社「DLE」を訪れ、フラッシュアニメの作り方を学び、実際に制作してみるという、新たな企画をスタートさせることに。この模様は、19日(#119、後5:00〜5:30ほか、リピートあり)に放送される。

■公式ホームページ
http://www.necoweb.com/neco



関連写真

  • オリエンタルラジオの中田敦彦がキャラクターデザインを手がけた「映画・チャンネルNECO」オリジナルキャラクター「マメ蔵」(C) 日活・チャンネルNECO
  • 『鷹の爪』シリーズなどのFROGMAN監督からフラッシュアニメについて学ぶオリエンタルラジオ(C) 日活・チャンネルNECO
  • CS「映画・チャンネルNECO」のオリジナル番組『映画ちゃん』(4月19日放送、リピートあり)より(C) 日活・チャンネルNECO

オリコントピックス