• ホーム
  • 芸能
  • 7組の豪華アーティストが自撮で「丘を越えて」を熱唱

7組の豪華アーティストが自撮で「丘を越えて」を熱唱

 木村拓哉が出演するトヨタ『カローラフィールダー』の新CMの“スピンオフ”として、同CMで共演する7組の豪華アーティストがスマートフォンの自撮り(セルフィー)で撮影した「丘を越えて」のメドレー動画が13日より公式サイトにて公開。サイト上では石川さゆり加藤ミリヤ清水翔太らの動画が同時に再生され、まるで合唱しているような感覚を楽しむことが出来る。

 今回のスピンオフ動画には、CMにも出演する石川さゆり、加藤ミリヤ、清水翔太、細野晴臣矢野顕子、OKAMOTO’S、PUFFYの計7組のアーティストが登場。各々がスマホで自撮りしているということもあり、プライベートのような感覚で「丘を越えて」を熱唱、楽しみながら撮影しているのが伺える。また、それぞれのアーティストの異なるアレンジによる「丘を越えて」を楽しむことが出来るのも魅力だ。

 現在放送中の『カローラフィールダー』の新CMでは、木村拓哉が専用ゴーグルを使い、カローラフィールダーで未来のドライビングシステムを体験するという内容。名曲「丘を越えて」に乗せて、サーキット、草原、山道、ときにはマンモスに追われ、崩れる吊り橋を渡りながら、軽快に走り抜けていく。そこに石川さゆりら7組のアーティストも出演し「丘を越えて」をそれぞれにアレンジしながら、木村との豪華な歌のリレーが実現している。

 また4月13日には、CMで木村拓哉が装着した専用ゴーグルを使った世界初のVR体験型LIVEパフォーマンス『MIXED REALITY LIVE!』が開催。この模様は、4月22日(水)より映像配信され、リアルとバーチャルを切り替えながら、360°LIVEをPCおよびスマートフォンで楽しむことが出来る。

⇒「丘を越えて」スピンオフ動画『みんなで歌おう♪丘を越えて』はコチラ

オリコントピックス