• ホーム
  • 芸能
  • 星田英利、網膜はく離の治療経過を報告「大丈夫です」

星田英利、網膜はく離の治療経過を報告「大丈夫です」

 お笑い芸人の星田英利(旧芸名:ほっしゃん。)が13日、東京・渋谷のNHKで認知症キャンペーン特集番組『これが認知症を防ぐチョイスだ!』(27日放送 後10:00 総合)の収録後に取材に応じた。先月16日付けの自身のツイッターで、「かなり進行した網膜剥(はく)離」と診断されたことを公表していた星田は「いま、治療中です。6月くらいに経過を見て治療法を決めます。大丈夫です」と病状を説明した。

【写真】その他の写真を見る


 「運動もお酒もOKだけど、感情が高ぶると水分が漏れ出て悪化するらしいので、平穏に暮らすようにと、医師に言われている」と、日常生活や芸能活動にさほど支障をきたしていないことをアピールした。

 星田は、2013年4月からレギュラー出演しているEテレの健康情報番組『チョイス@病気になったとき』(毎週土曜 後8:00)で、「加齢黄斑」について扱った回の収録(2月16日、放送は3月14日)で、チェックシートの線を左目だけで見た時、「ぐにゃぐにゃして見えて、冷や汗が出た」と異常に気付き、その後、眼科で精密検査を受けたという。

 「失明していても網膜剥離に気付かない人がザラにいるらしい。認知症もそう。老化と決めつけず、あきらめず、何かおかしいと思ったら専門医に診てもらって」と呼びかけた。

 NHKでは認知症に対する正しい理解を促す情報を発信する「認知症キャンペーン」を展開中。その一環として、Eテレの『チョイス』と連携し、「認知症を予防する」ための方法について特集した番組を総合テレビで放送する。星田とともに『チョイス』にレギュラー出演するタレントの浜島直子、「認知症キャンペーン」担当の山本哲也アナウンサーが出演する。



関連写真

  • 網膜はく離の治療経過を報告した星田英利 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)浜島直子、星田英利、山本哲也アナウンサー (C)ORICON NewS inc.
  • NHKで認知症キャンペーン特集番組『これが認知症を防ぐチョイスだ!』収録後に取材に応じた(左から)浜島直子、星田英利 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス