• ホーム
  • 芸能
  • A.B.C-Z戸塚、つか芝居奮闘 錦織“先輩”稲垣吾郎にラブコール

A.B.C-Z戸塚、つか芝居奮闘 錦織“先輩”稲垣吾郎にラブコール

 A.B.C-Z戸塚祥太が1日、東京・シアター1010で上演される戦後70年特別企画・舞台『広島に原爆を落とす日』(つかこうへい作)プレスコールと取材会に出席した。

【写真】その他の写真を見る


 主人公ディープ山崎少佐に挑戦した戸塚は、1998年に同役を演じたSMAPの稲垣吾郎とこのほど対談。稲垣はいまだにせりふを覚えていたといい「肉体的にもハードな作品ではあるけど、乗り越えたら自分の中に大切な時間として残るので、頑張って乗り切ろうと思います!」と刺激を受けたことを明かした。

 戸塚が真剣に意気込みを語る一方、脚色・演出を担当する少年隊錦織一清は「とっつーに何かあったら、稲垣に(代役を)やってもらおう!」としたり顔で提案。「つか芝居にジャニーズで飛び込んだのは彼なので、今回観に来てくれたらいいな。吾郎ちゃんにも感謝を込めてやりたい」としみじみ語った。

 公演は3日より京都南座で開幕後、神戸、広島、静岡、愛知を経て14日より東京・サンシャイン劇場で上演。早くも声が枯れつつあった戸塚は「これが最終的な役作りです! すごく楽しく激しく厳しいけいこをつけてもらったので、やってやるぞという気持ちでいっぱいです」と気合十分に意気込んでいた。この他、藤山扇治郎、早織蔵下穂波阿南健治、曾我廼家寛太郎らが登壇した。



関連写真

  • 舞台『広島に原爆を落とす日』より (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『広島に原爆を落とす日』より (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『広島に原爆を落とす日』より (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『広島に原爆を落とす日』より (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス