• ホーム
  • 芸能
  • 相方は引退 シャカ大熊、典型的な天狗でしくじった過去

相方は引退 シャカ大熊、典型的な天狗でしくじった過去

 深夜コント番組『感じるジャッカル』などで活躍していたお笑いコンビ・シャカが3月2日、18年目で活動休止した。小学校の幼なじみであるツッコミの植松俊介(40)は芸能界を引退し、ボケの大熊ひろたか(40)はピン芸人に転向。カンニング竹山、ビビる大木、バカリズムら同様にコンビ名を残して活動する「シャカ大熊」が語る若手時代の勘違いとは。

【写真】その他の写真を見る


■40歳、そして幼なじみ芸人あるある

 2013年の『キングオブコント』で決勝進出を逃した際に芸人を辞める意志を植松から伝えられた。「ずっと続けるものだと思っていたので引き止めましたが、そこからずっとグレーゾーンだった。『芸人は40歳まで』と決めていたみたいです」。翌年も決勝進出はかなわず「怖いなと思っていたら、やっぱりまた辞めることを伝えられました。植松は家族を養うためにバイトもしていましたし」。

 40歳という年齢もそうだが、コミュニケーション不足も大きい。「自分の目線が下がった」という植松に対し、大熊は「今まで自分が一番面白いって思っていたけれど、辞めるって決めてからはほかの芸人を見て普通に笑えたみたいです。そういうところを(芸人のときに)もっと出してよって思いました。僕らコミュニケーション不足なんですよ。幼なじみなのに、お互いがすごく照れ屋で恥ずかしがり屋」と後悔をにじませる。

 友人だからこそ、解散ではなく「休止」という形を選んだ。「単純に僕が寂しい。どこかで相方とつながっていたいっていう思いがある。コンビじゃなくなってもう会わなくなるのも気持ち悪いですし、応援してくれている人にも希望があったほうがいい」。ずっと名乗っていたコンビ名を残すのも「急に捨てるのは18年間がもったいない。コンビ名は植松がつけたので、その名前は僕が持っていたほうがいいっていうのがあります」。

■「若手が尖るっていうベタなやつ」で失敗

 若手時代の2001年には、お笑いコンビ・中川家や長井秀和らと深夜のコント番組で活躍。「最初に調子が良すぎたので、勘違いをしてしまった。当時は『前説やらない』『バーターじゃ出ません』とか言っていました。ネタもまだまだなときに注目されちゃうと、需要があっても引き出しがない。力も実力もないときにバブルみたいなものに飲み込まれちゃったんでしょうね」。

 「よくある、若手が尖るっていうベタなやつに陥った」ことで仕事は減少。後輩にも抜かれ「当時は30歳でまだ芸人やっている人を馬鹿にしていましたからね。でも、今はまさかの自分が40歳です」と焦りを見せる。

 そんな二人だが、10年後に芸人としての再会を約束している。50歳で一度だけシャカ復活ライブを開催予定といい「10年後にどうなっているかわからないですけれど、誰もやっていないからおもろい」。その日まで“再婚”もしない。「僕に新しい相方がいたら、10年後に植松とその相方が何を話すってなると気まずいので」。

 あす31日には、東京・千本桜ホールでピン芸人転向後初の単独ライブ『独演界』が控える。「今まではコンビだけれどピンで挑戦しているという逃げ道があった。今はウケなかったら当然僕のせいになる」。コンビ時代からA・ロックマン名義で舞台の作・演出も行ってきた大熊だが、40歳で再びイチから芸としっかり向き合い「僕に合うネタがわからないので、とにかくやって何か引っかかるといいかな」ともがき続けている。



関連写真

  • ピン芸人としての活動をスタートさせたシャカ大熊 (C)ORICON NewS inc.
  • 「若手が尖るっていうベタなやつ」で失敗したと語る (C)ORICON NewS inc.
  • ピン芸人としての活動をスタートさせたシャカ大熊 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス