• ホーム
  • 芸能
  • リチャード・ギア版“寅さん” 新CMに、山田洋次も絶賛「今までの中で一番好き」

リチャード・ギア版“寅さん” 新CMに、山田洋次も絶賛「今までの中で一番好き」

 米・俳優のリチャード・ギアが、『男はつらいよ』の主人公・フーテンの寅をモデルにしたTORAに扮する人気CMシリーズ“ムッシュはつらいよ”。その新作「レモンジーナあらわる」篇が28日より放送される。今作では『男はつらいよ』シリーズお馴染みの“コミカルな別れのシーン”を撮影。本家の空気感を見事に踏襲する内容に、あの山田洋次監督も大絶賛、「今までの中で一番好き!」と太鼓判を押している。

【写真】その他の写真を見る


 CMシリーズ“ムッシュはつらいよ”は、大ヒット映画『プリティ・ウーマン』などで知られるリチャード・ギアが、義理と人情には厚いが女性には弱い“TORA”を好演。これまでの、ダンディな“モテ男”のイメージを良い意味で裏切るCMシリーズとして好評を博している。因みに同シリーズは第1作目から山田洋次監督が企画内容や演出を監修。“本家”のお墨付きを得ている。

 新たに制作された「レモンジーナあらわる」篇では、慣れ親しんだ土地から旅立つことを決意したTORA(ギア)が、相棒である少年・GENに別れを告げる。別れを惜しむGENにTORAは「ひとりで生きていくのが、男なんだ」と渋い一言。駅へと向かいながら「男はつらいよ…」と呟くTORAだったが、視線の先に絶世の美女を発見。あまりの美しさにたちまち心を奪われ、慌てて駅舎に引き返し、彼女を追いかけようとするTORAだが、戻ってきてくれたと勘違いするGENに抱きつかれ困惑するというもの。

 シリーズを重ね、すっかりTORAにも馴染んだリチャード・ギア。撮影の合間には、共演者やスタッフとも積極的に言葉を交わし、時にはジョークで現場を笑いの渦に巻き込むなど、とても気さくな一面も。そんな中、今回の撮影に当たる日が、とある撮影スタッフの誕生日だと耳にしたギアは、そのスタッフもとへ近付き、「こんな美しい日に誕生日なんて素晴らしい。本当におめでとう!」とやさしく肩を抱きしめたという。

 「レモンジーナあらわる」篇の完成版を見終えた山田洋次監督は「作品ごとに、どんどん良くなっているね」と、すっかりお気に入りの様子。何度も繰り返し再生し、周りの映画スタッフを次々と呼んでは「いいだろう、このCM」とご満悦の表情を浮かべていたという。

 新CM「レモンジーナあらわる」篇は、3月28日より全国オンエア。


⇒オフィシャルサイトはコチラ

関連写真

  • リチャード・ギア版“寅さん”に山田洋次も太鼓判!!
  • 本家を髣髴とさえる渋〜い台詞を披露するリチャード“寅さん”
  • リチャード“寅さん”の心が奪われてしまった絶世の美女

オリコントピックス