• ホーム
  • 芸能
  • “最後の砦”佐々木蔵之介、理想の女性像を語る 結婚願望「ある」と即答

“最後の砦”佐々木蔵之介、理想の女性像を語る 結婚願望「ある」と即答

 俳優の佐々木蔵之介(47)が25日、フジテレビ系『ノンストップ!』(毎週月〜金 前9:50)に出演。西島秀俊や向井理らの結婚で、ネット上では独身俳優“最後の砦”として話題となっている蔵之介が、結婚願望は「ある」と即答し、理想の女性像を語った。

 この日、映画で共演している永作博美と出演した蔵之介は、結婚時期について「それは、タイミングなんだと思うので、これからどうなるかは…わからない」とした上で、願望は「ある?」の問いに「はい!」と即答。

 スタッフの「結婚に至っていない理由」というイジワるな質問には「(女性が)つまんないんじゃないですかね…(僕)おもしろくないですもん…仕事しかしてないし…」と自己分析。これに永作も「(女性に)厳しいんじゃないですか。理想が高いのかもしれませんね」と追い打ちをかけ、蔵之介を苦笑させた。

 また、理想の女性については「すごく(女性に)引っ張ってもらうのは助かりますね。きょうの朝はこれを着ていけとか、これを食べるんだとか、何をするんだって言ってもらったら、それは楽というか、ゆだねられるなぁと思いますね」と明かし、具体的な外見や内面には「何かに集中する女性の目が好き。一生懸命に料理を作るとか、風呂を磨いている、目を見るのが(いい)、(目が)美しいし、色気もあると思いますね」と真剣に理想像を語った。



オリコントピックス