• ホーム
  • 芸能
  • 堂本光一主演舞台、セット転倒事故で東宝が謝罪

堂本光一主演舞台、セット転倒事故で東宝が謝罪

 東京・帝国劇場で19日、人気デュオ・KinKi Kids堂本光一が主演する舞台『Endless SHOCK』上演中にセットが倒れ、計6人が負傷した事故で、劇場を運営する東宝がコメントを発表した。東宝は「今後はこのようなことが起こらぬよう、原因を究明し再発防止策を施してまいります。このような事故を起こしてしまいましたことに対し、重ねて深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 『Endless SHOCK』は2月3日〜3月31日の日程で上演中。午後1時開演の「昼の部」の途中に舞台上の発光ダイオード(LED)パネルが転倒し、出演者5人、スタッフ1人の計6人が負傷した。東宝によると、負傷者は病院に搬送され療養中という。

 「昼の部」は1897席が満席。午後6時開演の「夜の部」も満席になる予定だったが事故を受け中止された。

 『Endless SHOCK』は2000年が初演で今年15周年。堂本は昨年10月、同作でミュージカルにおける同一演目単独主演記録1位を樹立した。堂本のほかに、屋良朝幸、福田悠太、越岡裕貴、野澤祐樹、岸優太、諸星翔希、岸孝良、ラフルアー宮澤エマ、石川直、前田美波里らが出演している。

■以下、東宝コメント全文

 この度、帝国劇場で発生をいたしました上演中の事故につきまして、ご来場のお客様には心よりお詫び申し上げます。

 本日15時50分、当社製作の帝国劇場3月公演「Endless SHOCK」上演中に舞台上のLEDパネルが倒れる事故が発生し、出演者5名、スタッフ1名が負傷いたしました。直ちに近くの病院に負傷者を搬送し、現在療養中です。

 このような事故を引き起こしましたことに対し、深くお詫び申し上げますと共に、負傷者およびご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 現在、事故原因等につきましては調査中です。状況が判明次第、改めて当社ホームページ等で明らかにさせていただく所存です。

 なお、予定されておりました本日18:00開演のヨルの部につきましては公演中止とさせていただきました。

 また、上演中止とさせていただきました13:00開演のヒルの部、18:00開演のヨルの部の公演の払い戻し、および今後の上演予定につきましては、決定次第速やかに当社ホームページでご連絡させていただきます。

 今後はこのようなことが起こらぬよう、原因を究明し再発防止策を施してまいります。このような事故を起こしてしまいましたことに対し、重ねて深くお詫び申し上げます。



オリコントピックス