• ホーム
  • 芸能
  • 離婚のスザンヌに励ましの声続々「子供第一に考えて、頑張って」

離婚のスザンヌに励ましの声続々「子供第一に考えて、頑張って」

 17日に元ソフトバンク投手で野球評論家の斉藤和巳氏(37)との離婚を発表したタレントのスザンヌ(28)のブログに、一夜明けたきょう18日までに、励ましや応援の声が続々と寄せられている。

 所属事務所からの報告とあわせて、スザンヌはきのう17日夜、自身のブログを更新。謝罪の言葉とともに、離婚理由について「お互いの仕事が福岡中心、東京中心と離れていたことにより、すれ違いが多く、家族としての時間が十分に持てなくなった」と説明し「私が出産、育児にいっぱいいっぱいになってしまい、彼に対して思いやりを持つことができなかったのかもしれません」と伝えていた。

 報告を受け、ブログには「子供第一に考えて、今後頑張って」「スザンヌさんとお子さんが、笑顔になれますように!! 新しいスタートきってください」「決断するのに、大変だったと思いますがそれだけの事情があったんだろうなと思います。子どもが小さいと育児とお仕事はきついですよね☆お身体に気を付けて下さい」「何時も、貴方の笑顔には励まされて来ました。今度は、此方が貴方を励まし笑顔にする番です。今まで以上に応援します」など、400件以上のコメントと、6500件以上の「いいね!」が寄せられている。

 二人は2011年12月に結婚。14年1月に第1子となる男児が誕生しており、スザンヌは「それぞれ別の道を歩むことになっても、息子に対し、それぞれ父親、母親として協力して責任を果たしていきたい」とコメント。なお、長男の親権については言及していない。

■以下、ブログのコメント全文

 この度、私、スザンヌは夫・斉藤和巳さんと離婚したことをご報告させていただきます。

 関係者の方々、応援してくださっている方々に、私的なことでご心配、ご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。

 私達は、お互いの仕事の都合上、福岡中心、東京中心と離れていたことにより、すれ違いが多く、家族の時間が十分に持てなくなり、そしてわたしは、はじめての出産、育児に、いっぱいいっぱいになってしまい、彼に対して思いやりを持つことができなかったのかもしれません。

 それぞれ別の道を歩むことになっても、息子にとって、父親として母親として協力し、責任を果たしていきたいと思います。

 今でも彼を尊敬する気持ちは変わりませんし、これからは友人として新たな関係を築いていけたらと思っています。

 今後も子供の人生を第一に考えながら、仕事に邁進していく所存です。

 何卒よろしくお願いします。



オリコントピックス