• ホーム
  • 芸能
  • ピース又吉『火花』単行本発売で「本屋見に行きます」

ピース又吉『火花』単行本発売で「本屋見に行きます」

 お笑いコンビ・ピースの又吉直樹(34)のデビュー作『火花』がきょう11日、発売された。同作を掲載した月刊誌『文学界』2月号(文芸春秋)は文芸誌として異例の2度の増刷を経て史上最高4万部を記録、単行本も事前重版が決まるなど大きな話題を呼んでおり、又吉はこの日、自身のツイッターで「小説『火花』発売です。嬉しいです」と喜んだ。

 『火花』は芸人の「僕」を語り手として、先輩に当たる天才芸人の輝きと挫折を描く中編小説。『文学界』2月号は、又吉初の純文学作品が掲載されるとあって発売前から話題に。1月7日の発売初日からネット書店などでは軒並み品切れとなり、8日に史上初の7000部の増刷、9日にはさらに2万3000部の再増刷に踏み切り、発行部数は史上最高4万部に達した。

 1月30日に単行本化が決定。今月9日には異例の事前重刷3万部が発表され、初版15万部と合わせた発行部数は18万部に到達。同作について又吉は「あほが書いた小説です。あほなりに人間を見つめて書きました。 生きているとしんどいこともあります。そんな時、散歩したり本を読んだりすると、少しだけ楽になることがあります。誰かにとって、そんな本になればうれしいです」とコメントを寄せた。

 又吉はこの日、ツイッターで「小説『火花』発売です。嬉しいです」と出版を喜び、「仕事終わったら本屋見に行きます」と伝えた。



オリコントピックス