• ホーム
  • 芸能
  • 渡辺直美、ハリセンボンとの収録中に“意中の彼”からメール受信

渡辺直美、ハリセンボンとの収録中に“意中の彼”からメール受信

 全国無料のBSテレビ局「Dlife」で2日にスタートした同局初の帯トークバラエティー『ラジオな2人』(月〜金 後11:00)。よしもと芸人5組が月曜から金曜まで日替わりで登場し、予測不可能な“はっちゃけトーク”を繰り広げる。先日、木曜担当のハリセンボン渡辺直美の収録を見学していたところ、渡辺のスマートフォンがメールを受信。片思いしている男性からのメールであることを打ち明け、内容まで読み上げてのろけた。この明け透け感。芸能リポーターならずとも気になる番組になりそうだ。

 同番組は、月曜は千鳥、火曜はブラックマヨネーズ、水曜はオリエンタルラジオ、木曜はハリセンボンと渡辺直美、金曜はピースが担当。本物のラジオブースにアットホームなセットを組んだオリジナルブースで、個々の活躍の場も広げる人気芸人たちが、ほかの番組では決して聞くことのできない裏話や日頃気になること、やってみたかったことなど、それぞれの特色を出しながら番組をリレーしていく。

 収録後、渡辺が「あのブースの中に3人しかいない、他の収録の場合、スタッフさんもいるので。なので、この3人で空気感を作っているのが楽しい」と感想を述べると、箕輪はるかも「そう、楽屋で3人でしゃべっているみたいな感覚になることもあるよね」と同意。渡辺は「小さなカメラが置いてあるだけだから、テレビであることを途中で忘れてしまうんです」と大笑いし、その場のノリで、メールを送った相手やその内容も明かしてしまったという。

 ちなみに、渡辺のメール相手は、地方のロケ先で知り合った、一般男性。渡辺は「迷惑がかからないようにしたい」と相手を気遣いながら、“恋バナ”で番組を盛り上げていた。

 近藤春菜は「直美ちゃんとは普段からよく遊んでいるんですけど、そんな仲の良さがだせる機会がこれまでなかった。そんな仲の良さが出せたかな」と番組に手応え。「後輩の直美ちゃんが、ひとり入ることで、私たちコンビの関係性も変わってきて、いつもと違った顔になっていたかも」とコンビだけでは出せない化学反応に期待を寄せていた。

■『ラジオな2人』公式サイト
http://www.radionafutari.com/



関連写真

  • 無料BSテレビ局「Dlife」でスタートした『ラジオな2人』木曜担当のハリセンボンと渡辺直美 (C)ORICON NewS inc.
  • 気心の知れた3人のぶっちゃけトーク (C)ORICON NewS inc.
  • 無料BSテレビ局「Dlife」『ラジオな2人』スタート

オリコントピックス