• ホーム
  • 芸能
  • 本広克行監督、“当たらない”発言にももクロ大慌て

本広克行監督、“当たらない”発言にももクロ大慌て

 映画監督の本広克行氏が24日放送の関西テレビ『桃色つるべ〜お次の方どうぞ〜』(毎週火曜 深1:05〜1:35)に出演する。落語家・笑福亭鶴瓶ももいろクローバーZが視聴者扮する“記者”からの質問や相談に何でも答える視聴者参加型番組。ももクロの主演映画『幕が上がる』(2月28日公開)を監督した本広氏は、プロモーションに来たはずが「思い入れが強くあって作った映画はだいたい外れます。ももクロちゃんと作った映画も、また思い入れたっぷりで作って…」とまさかの“当たらない”発言で、ももクロたちを慌てさせた。

 一般の視聴者“記者”と同じようにスタジオに入ってきた本広監督。事前に知らされていなかったももクロは、「え〜!」「何で?!」「ちょっと!何やってんですか?!」「びっくりした〜!」と大騒ぎ。佐々木彩夏は百田夏菜子のお茶の入ったグラスを倒してオーバーオールを水びたしにしてしまったほど。

 本広監督といえば、映画『踊る大捜査線』シリーズを監督し、日本実写映画歴代興行収入1位の記録を打ち立てたことで有名。その本広監督の“当たらない”宣言に、ももクロメンバーも「ヤバイ!」「やめて〜」と大焦り。鶴瓶も「宣伝に来て、マイナスのこと言うてる!」と大ウケだった。

 「でも(映画の出来は)すごくいいんでしょ?」と確認する鶴瓶に、「ほんとに…。あの山田洋二監督からほめられました。『君はこういうのが撮れるんだね』と絶賛してくれて…」と得意げに答えた本広監督。そこで鶴瓶が「でもそういうのは当たらないんですよね?」と念押しすると、本広監督は「そうなんですよ。ものすごく評判が良くて『俺はもしかして天才か?』とか調子にのっているときは、映画が全く当たらないんです」とやはり弱音を吐いていた。

 収録後、本広監督は「緊張した〜、冷や汗かきました」。一方、ももクロメンバーも「びっくりしたよ〜まさか監督が!」と興奮冷めやらぬ様子だった。



関連写真

  • 2月24日放送、関西テレビ『桃色つるべ〜お次の方どうぞ〜』本広克行監督の登場に動揺するももいろクローバーZのメンバー(C)関西テレビ
  • ももいろクローバーZの主演映画『幕が上がる』(2月28日公開)を監督した本広克行氏(C)関西テレビ

オリコントピックス