• ホーム
  • 芸能
  • 広瀬すず、小学校の初恋に後悔 チョコ手渡せず「勇気を出せばよかった」

広瀬すず、小学校の初恋に後悔 チョコ手渡せず「勇気を出せばよかった」

 女優の広瀬すず(16)、土屋太鳳(20)、松井愛莉(18)が8日、都内でTOKYO FM『広瀬すずのGIRLS LOCKS!』の公開収録を行った。一般公募で選ばれた現役女子高生20人とバレンタインチョコを手作りした広瀬は「毎年、バレンタインは作ってます」と明かし、小学生時代の初恋を振り返った。

【写真】その他の写真を見る


 大勢の報道陣を前に広瀬は「小学生のときに1回だけ(本命チョコを)作りました」と告白。「直接渡すのが恥ずかしくて、お姉ちゃん(広瀬アリス)を通して渡してもらった」と甘酸っぱいエピソードを披露し、場を和ませた。

 その後の進展については「ホワイトデーはもらったけど、もう一歩勇気を出せばよかったなという後悔はある」とポツリ。現在は「特に何もないです。中学校から別々で連絡先すら知らない…」と肩を落とし、リポーターから「本命チョコは、いつ頃かな?」と振られると、「大人になってからかな」と白い歯を見せた。

 女子高生を交えたガールズトークでは、「告白する前に遠回しなことを言って雰囲気を作る。告白は、顔を真っ赤にしてでもストレートに言いますね」と、自身のテクニックを明かした広瀬。世の女性に向けて「一生懸命に(本命チョコを)作って大好きな人に気持ちを込めて、頑張って想いを伝えてほしい。応援しています!」とエールを送った。



関連写真

  • 小学生時代の初恋を振り返った広瀬すず (C)ORICON NewS inc.
  • 公開収録に参加した(前列左から)広瀬すず、土屋太鳳、松井愛莉 (C)ORICON NewS inc.
  • TOKYO FM『広瀬すずのGIRLS LOCKS!』公開収録に参加した広瀬すず(左)と土屋太鳳 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス