• ホーム
  • 芸能
  • 中村うさぎ氏『5時夢』きょうも欠席 番組「お休み」としか触れず

中村うさぎ氏『5時夢』きょうも欠席 番組「お休み」としか触れず

 作家の中村うさぎ氏が水曜レギュラーを務めるTOKYO MX『5時に夢中!』(月〜金 後5:00)からの降板を表明した騒動で、中村氏は先週に続いてきょう4日も番組を欠席。元衆院議員でタレントの杉村太蔵がピンチヒッターでゲスト出演したが、MCのふかわりょう、同じく水曜レギュラーの美保純とも中村氏については詳しく触れなかった。

 ふかわは冒頭、「今週お休みの中村うさぎさんのピンチヒッター、薄いコメントでおなじみの杉村太蔵さんです」と紹介するも欠席理由については触れず。これに対し、杉村は「この引きの強さ!ゴタゴタは気にしません。今日は普通にやっていいんですよね」と笑いを誘った。

 中村氏は先月30日付のブログで、「二度とあの番組には出ない」と降板を宣言。理由として「陰でいろいろ言われていたなんて。しかも事実じゃないしさ」と信頼していたスタッフや共演者に不信感を抱いたことを挙げ、その精神的ショックから「原稿が書けなくなってしまいました」と明かしていた。

 さらに、4日に更新したブログで中村氏は、プロデューサーから「美保さんがうさぎさんに『ポルノ女優のくせに』と言われて傷ついてるので、フォローしてください」と持ちかけられたことも明かした。

 美保に対してそのような感情を持ったことがなく発言を否定したが、プロデューサーは中村氏の説明を聞き入れず、「うさぎさんは薬で頭が混乱して人格も変わってたから」と答えたためひどくショックを受けたという。現在は“うつ病”で仕事が手につかず、収入が激減しているとも伝えた。

 中村氏は、先月28日に番組を欠席し、この日も番組を欠席することが事前に発表されていた。同局はORICON STYLEの取材に対し「プロデューサーや制作陣が現在話し合っているが、うさぎさんの降板はまだ決まっていない」と現時点での降板は否定。来週以降の出演についても「話し合い中」としている。

 中村氏は2008年4月から同番組に出演。13年8月に体調不良で入院した際も、生電話やVTR出演などで番組と関わり続け、14年2月に復帰していた。



オリコントピックス