• ホーム
  • 芸能
  • MALIA、元夫・山本“KID”との離婚原因は「浮気と金銭感覚」

MALIA、元夫・山本“KID”との離婚原因は「浮気と金銭感覚」

 今年元日にJ1横浜F・マリノスの佐藤優平選手(24)と“再々婚”したモデルのMALIA(31)が2月3日に放送される日本テレビ系『解決!ナイナイアンサー』(毎週火曜 後9:00)にゲストとして出演することが26日、わかった。かつて、田中隼磨選手(32・松本山雅FC)や総合格闘家の山本“KID”徳郁(37)との結婚歴を持ち、3児の母であるMALIAが離婚の真実をテレビで初告白する。

 雑誌『Popteen』『FINE』『ViVi』などで活躍し、現在はブラジリアンワックス(脱毛)サロンの経営、ファッションブランドのディレクターを務めるなど実業家でもあるMALIA。2002年に田中選手と19歳で結婚。長男を出産したが2004年に離婚し、翌年、山本“KID”徳郁と再婚した。同年に次男を出産し、さらに翌06年には第3子となる長女を出産したが09年に再び離婚、3児はいずれもMALIAが引き取っている。

 MALIAは、山本との離婚原因について「浮気と金銭感覚の違い」と挙げ、実際には「車を何台も買い替え、ぽんぽんと新しいものを買ってきたりもした。一時は家に何台も車があったりして困った」と告白。さらに結婚当初から「元夫が自由すぎてつらかった。言い合いばかりを繰り返し、自分の中で気を張っていて、自分を保つのに必死だった」と振り返り「女性問題が積み重なり、別居するようになった。すぐに別れるのではなく、納得がいくまで考えようと思い、2年くらい別居期間があった」と離婚に至る経緯も説明した。

 離婚後は、引っ越し程度の慰謝料を受けとるも「お金のことで困った。まずは電卓を購入し、3人の子供を育てる金額を計算した」と苦労しながら起業。養育費についても「元夫は、思いついたときに養育費を払ってくる。言ってきた分の金額を、その時々で受け取っている」と赤裸々に明かしている。

 番組では芸能人座談会『お金で苦労した妻たちの座談会』として、MALIAがRIKACO.や鈴木奈々らとトークを繰り広げるほか、スタジオではこの座談会を受け「経済的な理由での離婚はあり? なし?」をテーマに新山千春や武田久美子らが再討論する。



関連写真

  • 『解決!ナイナイアンサー』で離婚の真相を告白するMALIA (C)日本テレビ
  • (左から)MALIA、鈴木奈々 (C)日本テレビ

オリコントピックス