• ホーム
  • 芸能
  • ハリウッド俳優・尾崎英二郎、真田広之との共演に喜び「11年間思い続けた」

ハリウッド俳優・尾崎英二郎、真田広之との共演に喜び「11年間思い続けた」

 ハリウッドで活躍する俳優・尾崎英二郎(45)が9日、都内で行われた著書『思いを現実にする力』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)トークイベントを行った。映画『ラストサムライ』、『硫黄島からの手紙』に出演した後、38歳で渡米した尾崎が、真田広之(54)との共演を語った。

【写真】その他の写真を見る


 尾崎は、NHK朝の連続小説『あぐり』でテレビデビューし、その後ニューヨークでの出演をきっかけにハリウッド進出を決意し、38歳で渡米。海の向こうの役者オーディションについて「アジア系の役は本当に少ない。せりふ1行で最低30、40人の役者が集まる。そこで闘わないといけない」と明かし「半年間、オーディションがない状態もある」と出演への狭き門語った。

 このほど、スティーブン・スピルバーグ氏が総指揮を務めるドラマ『エクスタント』での出演を勝ち取り、撮影に臨んだという尾崎。同作には真田が出演しており、尾崎は真田の部下役を射止めた。

 尾崎は「『ラストサムライ』で自分は大勢いる侍役だった。真田さんとは深くお付き合いできなかったが、いつかハリウッドで仕事をしていればお礼を言えるだろうと11年間思い続けていたら、現実になった」とうれしそうな笑顔。

 また、撮影前には真田と芝居に対しての提案などを交換し合ったといい、現場での真田は「優しくて、オーラがあった。真摯で誠実で。こっちが申し訳ないくらいだった。幸せな数日間でした」と振り返った。

 この日のイベントには、尾崎の大ファンというフリーアナウンサー・有賀さつき(49)も出席し、トークの進行役を務めた。



関連写真

  • 著書『思いを現実にする力』のトークイベントを行った尾崎英二郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 有賀さつき (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)尾崎英二郎と有賀さつき (C)ORICON NewS inc.
  • 著書『思いを現実にする力』のトークイベントを行った(左から)尾崎英二郎、進行役の有賀さつき (C)ORICON NewS inc.
  • 著書『思いを現実にする力』のトークイベントを行った尾崎英二郎 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス