• ホーム
  • 芸能
  • ジャニーズWEST・神山、先祖は“赤穂浪士”?

ジャニーズWEST・神山、先祖は“赤穂浪士”?

 関西ジャニーズJr.出身の7人組・ジャニーズWESTが9日、東京・日生劇場の新春公演『なにわ侍 団五郎一座』初日前に報道陣の取材に応じた。

 同作は1960年に初演された『雲の上団五郎一座』(原案・菊田一夫氏)がモデル。1974年12月に上演は途絶えていたが、今回40年ぶりに同グループ出演で復活する。かつて大衆劇場としてにぎわった西楽館に集まる若者たちが、『忠臣蔵』を上演するまでの姿を描いていく。

 この日、劇中劇『忠臣蔵』で赤穂浪士役を演じる濱田崇裕藤井流星中間淳太重岡大毅小瀧望が舞台衣装で登場。すると、浅野内匠頭役の神山智洋が「おかんから聞いた嘘みたいな話ですが、僕の母方のご先祖様が赤穂浪士の中の一人なんです」と告白した。

 周囲が「えー!」「うそついたらあかん!」と驚くと、神山は「(先祖の)名前は、おかんが話を聞いたおじいちゃんは亡くなっているのでわからないけど、うちの家紋は羽が重なった家紋で、浅野内匠頭の家紋まったく同じなんですよ!」と興奮気味に明かし、「ご縁があって、一気に親近感が湧いた」と語った。

 報道陣から「名字もわからない?」と聞かれると、「昨日おかんに確認したんですが、わからない…」と神山。メンバーが半信半疑の中、桐山照史だけは「嘘と思うなよ! 資料をたどっていけばわかるかもしれん」とフォロー。神山もカメラに向かって、「誰か調べてください、お願いします!」と呼びかけた。

 同作は10日から31日まで同所で上演される。



オリコントピックス